皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため同時間帯の質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

あなたの悩みをお坊さんが癒し救います

お坊さんに質問できるQ&Aサービス
  • hasunoha(ハスノハ)とは
  • 問答(Q&A)
  • お坊さん一覧
  • お寺一覧
hasunoha(ハスノハ)を世に広める

お坊さん33秒法話

  • Bahbb1shogzmssiqmjaxni8wmi8xms8ymc8yns8xoc82ndivrfndxzawmdhflmpwzwy6bkvuwwg6bna6cnrodw1issilnjb4njajbjsgva

    生まれなかった不妊治療の受精卵。追悼できます

    仏教では死と生とを分割して考えません。死と生とは連続したものであり、表裏一体のものと捉えます。
    死の理由・原因は、病気や事故ではなく「生まれたから」と捉えます。

    仏教の観点から言えば、受精卵(胚)は、因と縁とによって生起し、やがて終わっていく、多くのいのちとおなじいのちと捉えられます。

    「供養」は宗派によって捉え方がさまざまです。

    わたしの宗派では追善供養・慰霊はありませんが「追悼」は受精卵に対してもできます。

    わたし自身にも似たような記念日があります。受精卵よりは成長したいのちに対して、妻と二人ささやかながら追悼をするつもりでおります。
      有り難し
    34
    回答僧 妙法寺 石田 智秀 (ちしゅー)
  • Bahbb1shogzmssiimjaxns8wms8wni8ymi81oc81ms8xmjcvxy5kuecgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkiczywedywiwy7blq

    人間は、うでんうでん うたくうたく

    「結婚、出産は何のためにするのか」というお尋ねですが、結論から申しますと、それは生物としての本能、エゴなのではないでしょうか。

    結婚だけが幸せじゃない。
    結婚相手に恵まれず、苦しんでいる人がいる。
    子どもを持つことだけが幸せじゃない。
    子どもに色々問題があり、それで苦しむこともある。

    そんなことをいくら言い聞かせても、結婚したり子どもを授かることが頭をかすめてしまうのではないですか。

    独身の方が気楽に過ごせると思ってみても、年賀状に結婚式や子どもの誕生の写真が載っていれば心がザワザワしてしまうのではないですか。

    お釈迦さまの言葉で
    「有田憂田 有宅憂宅 無田亦憂 欲有田 無宅亦憂 欲有宅」
    というものがあります。

    田んぼが有れば田んぼの心配をし、家が有れば家の心配をする。
    田んぼがなければ「田んぼ欲しいな」と憂い、家がなければ「家が欲しいな」と憂う
    という意味で、つまり人間はどんな状況でも憂う存在だということです。

    結婚しても子どもが出来ても、憂いは生じます。
    でも憂いだけでなく、その状況だからこそ生まれる喜びや楽しみもあるでしょう。

    あまり考えすぎず、ご縁に任せて日々を送るのがよろしいのではないでしょうか。
      有り難し
    446
    回答僧 なごみ庵 浦上 哲也
  • Bahbb1shogzmssiimjaxni8wnc8xms8wmy8xmc8zms80njyvxy5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkiczywedywiwy7blq

    許すとは、いまの状況のすべてを受け止めることです

    あなたにとっては懐かしい想いで。わだかまりを超越して会える相手なんでしょう。しかし、彼女の立場にとって見たらどうなのでしょう。いろいろな可能性が考えられます。あなたに申し訳ない気持ちで会えない。あなたに会うと、彼のことを思い出してしまうので会えない。

    返事がでないということが、彼女のあなたに対する返事なんです。それを受け止めるしかないように思えます。

    ほんとうに幸せで順調なら、あなたにお返事を返しています。返事をしたくない。そして、あまり順調な状況ではないという事実のみを受けとめてあげてください。

    許すというのは、いまの状況のすべてを受け止めることです。こちらが手を出しているんだから、受け止めなさいというのは本当の許しになるのでしょうか?

    お気持ちを抑えて、今はどうか、彼女の幸せを祈ってあげてください。
    皆様のお幸せを祈っています。
      有り難し
    130
    回答僧 浄光寺 三浦康昭
  • Bahbb1shogzmssixmjaxns8wnc8xoc8wos8zms8zoc84mjqvx19fx19fx19fx19fx19fmi5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkiczywedywiwy7blq

    保育園に預けて泣く我が子。寂しくても不幸ではない

    子供は保育園に行くより親と過ごしたがるでしょう。でもそれって、学校に行くようになっても、社会人になっても、誰でもそうではないでしょうか?

    家族と過ごす方が楽ちんに決まっていますから。保育園に行くときに寂しそうにしていたとしても、それは子供の習性として当たり前の姿であり、特別に不幸な状態ではないのです。

    一緒に過ごす時間を大切にし、小さなことでもお子さんを誉めてあげてください。
    お子さんに自己肯定感を与えてあげること(大切な存在だと感じさせること)が大事。

    お子さんは月、あなたは太陽。
    あなたが遠くからでもお子さんを照らしていれば、お子さんは闇夜にあっても輝くのです。
      有り難し
    153
    回答僧 願誉浄史
    Bahbb1shogzmssixmjaxns8wnc8xoc8wos8zms8zoc84mjqvx19fx19fx19fx19fx19fmi5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkiczq1edq1iwy7blq
    回答僧
回答者全員がお坊さんのQ&Aサイト「hasunoha(ハスノハ)」

hasunoha(ハスノハ)は、あなた自身や家族、友人がより良い人生を歩んでいくための生きる知恵(アドバイス)をQ&Aの形でお坊さんよりいただくサービスです。
あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか?
友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。
そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。
心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ