皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

あなたの悩みをお坊さんが癒し救います

お坊さんに質問できるQ&Aサービス
  • hasunoha(ハスノハ)とは
  • 問答(Q&A)
  • お坊さん一覧
  • お寺一覧
hasunoha(ハスノハ)を世に広める

お坊さん33秒法話

  • 白髪を抜くと、待ち構えているのは禿げです

    これ以上抜くなら出家すると言っておやりなさい

    私も子供の頃は親父の白髪を抜いていました。
    それはまぁ親父に頼まれて抜いていただけなので合意の上ではございましたが、抜いてる本人は楽しかったりしますが相手が嫌がっているのにするのはいけません。

    さて、白髪でございますけれどもどうやら一説によると白髪を抜くことにより毛母細胞なるものが傷つくそうです、するとどうなるか?

    待ち構えているのは禿げです、まごうことなき禿げです、禿げ以外の何者でもありません

    禿げにもいくつか種類があるようです。
    Oタイプ、頭頂部からジワジワと枯れ果てる砂漠型
    Mタイプ、前方両サイドから攻める軍師型
    Uタイプ、前方全域から短期決戦を挑む無双型

    また2タイプが同盟を組んで仕掛けてくる場合も多いそうですので始まれば瞬く間に貴女の黒い防御壁は殲滅されることでしょう

    そうなればどうなるか、出家です、僧侶になるのです
    もしかすると貴方の彼氏は実は坊主萌えであなたをお坊さんにしようとしているのかもしれません
      有り難し
    31
    回答僧 翔玄
    回答僧
  • 社会人1年生がんばれ~。負けを認めてからが勝負。

    周りの人が仕事を上手にこなす姿を見るのは辛いですよね。
    でもね、そこで負けを認めたとしても、終わりじゃないんです。

    投げ出さずに続けることで仕事は上達するし、人付き合いだって上達しますよ。

    ただ単純に仕事を覚えるよりは、なぜこうなるのかを理解することが大切です。

    私達僧侶も、お経を覚える機会がありますが、意味も解らない時は覚えるのが難しいです。

    けれども、漢文のお経を書き下し文にして、意訳文にしていくと意味が解ってきて、お経のストーリーが見えてくるんです。

    自分の仕事の先がどうなるのか、その手前でどのように成り立っているのかを理解するように努めてみて下さい。

    なぜこうなるのかが解らない時は、上司の方に聞けば良いのです。貴女は自分を過信せず、謙虚な立場で判断することができる素晴らしい方です。

    真剣に仕事を理解しようとする姿勢は、きっと周りの方にも認められると思いますよ。
      有り難し
    24
    回答僧 光西寺 緇川 浄
  • 1歳10ヵ月息子の死。お浄土に土産話をもってまた会おう

    大切な息子さんを突然亡くされた胸の内、大変辛いことと思います。
    老いも若きも順番通りにはいかないとは知りながらも、耐え難いことと思います。

    私の話を少しさせて頂きます。
    二年半ほど前に突然妹を亡くしました。

    今でもふとした時に後悔の念や
    言いようのない感情がこみあげては泣いています。

    ですが、

    お浄土から見てくれている。
    お浄土で必ずもう一度会う。
    その思いに救われています。

    私たちはまるで科学が万能かのような錯覚をしています。

    お浄土がある。
    と科学では証明できないから『ない』
    というのは傲慢ではないでしょうか?

    科学は『ある』とも証明できないが
    『ない』とも証明できないんです。

    私はお釈迦様の言葉を信じます。
    そして妹と再会します。
    その思いで南無阿弥陀仏と阿弥陀様の名前を呼んでいます。

    私たちも遅かれ早かれ必ず行かせてもらいます。
    その時に土産話をたくさん持っていってあげましょうよ。
      有り難し
    109
    回答僧 唯称寺 大乗
    回答僧
  • いくら得ても満足できない人。仏教で「餓鬼」と言う

    あるところに牛のコレクションが趣味のお金持ちがいました。
    99匹集めて、あと1匹を探していたところ、ある村にいるたいそう人のよい若者が飼っているということを聞きつけました。

    お金持ちは彼の人の良さに目をつけ、わざと貧乏人の格好をして「私は見ての通りお金がなく、家で妻子がお腹をすかせて待っています。どうかお助けを」と言ったところ、若者は「それはお困りですね。私も貧しくお金がありません。しかし幸い牛を1頭飼っています。これを差し上げますから、頑張って下さい」

    こうしてお金持ちは、100頭目の牛をただで手に入れました。
    ------

    お釈迦さまが尋ねるのは「どちらが本当に豊かなのか」ということです。

    人を騙してでも利益を得たい彼、100頭目の牛を手に入れた喜びはあっという間に消え、次は110頭、120頭と際限なく欲を貪るのは目に見えています。

    こういう方を仏教で「餓鬼」と言います。

    話の若者には、ついつい「騙された」という目で見てしまいますが、足ることを知っており、唯一の財産を渡すことができる心の豊かな人です。

    モノではない財産を沢山持っていることでしょう。
      有り難し
    51
    回答僧 正念寺 日顕
    回答僧
  • 夢を叶えたいなら、尊く崇高な決意で臨め

    パティシエで自分のお店を持っている人は、働くようになってから、どのような経緯をたどったのでしょうか。

    多分、今あなたが経験していることを、同じように経験したのではないでしょうか。

    あなたに問われることは、どの道を歩むにしても、覚悟が必要だということです。苦労せずしてなれる仕事は、自分の夢と言えるものにはならないでしょう。

    お釈迦様も、安易な気持ちで出家なさったわけではありません。
    『無量寿経』に登場する法蔵菩薩は、四八の誓願を建て、その後にその誓願を三つにまとめて誓われます。

    それが「重誓偈」または「三誓偈」と呼ばれているお経です。

    尊く崇高な決意のもとに、法蔵菩薩は阿弥陀如来になるのです。

    私たちの人生の分岐点においても、決意を持って臨みたいものです。
      有り難し
    42
    回答僧 真行寺 亀山純史
回答者全員がお坊さんのQ&Aサイト「hasunoha(ハスノハ)」

hasunoha(ハスノハ)は、あなた自身や家族、友人がより良い人生を歩んでいくための生きる知恵(アドバイス)をQ&Aの形でお坊さんよりいただくサービスです。
あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか?
友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。
そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。
心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ