皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

諦め(明らかにすること)を知り、こころに余裕を

「余裕があるときは優しくできる、ないときにはきつくなる」

まるでまさに私も同じです。他の人々もまた、同じようなものだと思います。

自分の長所や短所をうまくコントロール出来る人がどの位いるでしょうか?

うまくコントロールできないことが普通なんだよなぁと思い、いい意味での諦め(明らかにすること)を知ることではないでしょうか。

人に優しくすることは、ときに相手の思いとずれることがあります。

だから人に対して普通にすることが大事だと思います。やたらと優しくすると、私はこんなに優しくしてあげたのにと、またそれがストレスになるかもしれません。

人は誰でも他人に対してきつくあたることは多々あるでしょう。

でもその後で自分を客観視できるあなたはそれでいいのではないでしょうか。
引用元の質問: 心の余裕
好きな人や大切な人を傷つけないために、こころに余裕を持つにはどうしたらいいですか?
回答僧:
おすすめの33秒法話

怒り狂う奥さんがいる旦那さんへ「反応しない自由」

自身の為したことに自身が納得し腑に落とすことから始まる

想像してごらんなさい。もし旦那様がいなかったら

ぼーずくそくらえというあなた。一緒に仏教やりません?

母への優しさは、母に優しくない自分に気づくこと

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ