皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

山よりも大きいのが父の背中です

お父様を超えることはできません、なぜなら自分がいくつになっても父なのですから。そしてあなたはあなたなのですから。

「僕は父のようになれただろうか?」
「僕は父のようになれないのだろうか?」

世の中には父親のことをあなた様のように思えない方もいらっしゃいます。

いつまでも尊敬できる父がいるというのは有難いことです。
父を超えるのではなく、誇りに思える立派な父がいると発想を転換されたらいかがでしょうか。
引用元の質問: 父が亡くなって3ヶ月
超えられなかった父の存在、超えるべきであった父の存在。
両者の間で惑う自分がおります。
回答僧:
おすすめの33秒法話

子育ては、いつも笑顔でなくていい

救急車の音 心を不安にさせる。 ただの「ピーポーピーポー」

子育てを、気に病むのは親ばかり

認知症は、お別れが辛くないよう、大切なことを忘れていく

見返りを求めない広い心。素敵です

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ