皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

主人の友人が自死しました

こんにちは。悩みがあり、お言葉を頂きたく、相談させていただきます。

先日、主人の友人(Aさん)が自死しました。まだ2週間くらいです。
もう4年くらい連絡をとっていなかったそうですが、主人の落ち込みは相当なものです。病気で身近な人を亡くしても辛いので、その悲しみは理解出来るつもりです。
しかし、それからは毎日のようにAさんのお宅を訪ねています。休日などは夕方~深夜まで帰って来ません。
Aさんのお宅には、奥様、お子さん、Aさんのお父様がいらっしゃいます。また、お墓が近くにあるにも関わらず、お骨も置いてあるそうです。

突然そのようになって、奥様や主人の悲しみは計りしれません。また、そうせざるを得なかったAさんの苦しみも計りしれません。
それは分かっているのですが、「そのようなことがあったお宅」に「お骨がまだある状態」で度々訪問するのが、気持ち悪く感じてしまいます。

そこで聞きたいことは、

49日過ぎていない状態で、(一部の宗派を除き、まだ霊的な存在と言われる状態で)何か悪いことがあるのではないか。

お清めの塩はどのようにするのが効果的なのか。

お坊さんから見て、自然死(老衰、病気など)と自死の違いは何か。

私は主人にどう声をかけ、どのように接するのが最良なのか。

の4つです。ちなみに私はAさんと奥様とは面識がありません。
長くなって申し訳ありません。お考えをお聞かせ頂ければ幸いです。

供養
有り難し 67
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたを全力で守ってくれるのはご主人です。

ご主人さまのご友人の自死、慎んでお悔やみもうしあげます。
私はご主人の気持ちや行動が、痛いほどわかります。
実は15年ほど前に、友人で会社の同期を自死で亡くしています。
友人に対する惜別の想いは、いまも鮮やかに蘇ります。
ですので、ご主人のお気持ちは痛いほどわかります。
やり場のない想い、それを「迷い」と一蹴するのは簡単ですが、
ご主人は行かなければ気持ちが収まらないのです。仕方がありません。
私は全く違和感を感じません。
気持ちが悪いとか、塩で清めるというのは、ちょっとご主人や、
そのご友人に対してどうかと思います。
奥様やお子さんがいても、自死を選択せざるを得なかった
ご主人のご友人に、思いを馳せると、どうか温かい目で見守っていただけないでしょうか。
お願いします。
よく、お考えください。

①四十九日までは中有と言って、あの世の行き場所が定まるまで、
要は閻魔大王様の前に引き出されて、地獄、天国か、
定まるまでの期間とされています。
ご主人行くことで迷いが深まるでしょうか。私はそうは思いません。
加えて、私のように阿弥陀さまを信じる浄土教の者は、
阿弥陀さまがすべて極楽浄土に連れて行ってくださると、
信じていますので、閻魔さまの裁きは受けません。

②清めの塩ですが、古来より殺菌効果がありますよね。
おもに神道において、亡くなってから本葬の間、
かなり長くご遺体を保存しますので当然腐敗が進むのです。
その穢れ(悪臭や腐敗)を防ぐという目的のために、
塩を使ったという説があります。
それが習慣となって清めの塩となったというわけです。
魂自体が穢れるわけではありませんよ。
私が属する阿弥陀さまを信じる浄土教では、
忌むべきものがありませんので、塩で清めません。

③自死は地獄堕ちの業というのは、迷信です。
死ぬ以外に解決策を見いだせないほど、悩む苦しむ人を救ってくださるのが、
阿弥陀さまですよ。苦しんだ人ほど、救われねばならない人なんです。
世間一般の常識が常に正しいとは思いません。

④友人のために真剣に悩み苦しむ、ご主人はあなたに何かがあったときに、
命がけであなたを守ってくださる方です。一生大事にされてください。
特に接し方を変える必要もないでしょう。そのままで、
これは、私の勝手なお願いですが、ぜひとも、ご一緒に
ご供養されてください。南無阿弥陀仏

死者と生者、迷っているのはどちらか

こんにちは。
ご主人のご友人のご命終謹んでお悔やみ申し上げます。ご主人もご友人のご家族もさぞお辛いことでしょう。それを見るつばき様もまた胸をいためておられるのですね。

私見ですが男の友情はあまり連絡の頻度は関係ありません。何年会わなくても友人は友人、会えばすぐに昔に戻りバカ話もできる。そんな関係かとお察しします。
今はご主人の気持ちを受け止め支えてください。

さて、ご心配の点ですが、人は死後に霊になる、とりわけ自死であれば悪霊にでもなるのでは?49日も納骨も済んでいない状態で関われば呪いや祟りや取り憑かれるようなことがあるのでは?

といったところでしょうか。

そう考えるのが人間の迷いというものです。死者が霊となって迷っているのではない。残された今生きている者が迷わせている、もっと言うなら自分が迷っているのです。

だからこそ、ご主人はご友人のご家族の迷いを支えるため、そして自らの迷いも断ち切るために足を運んでいるのではないでしょうか?
49日たたないと成仏しないのではありません。49日くらいたたないと残されたものが死を受け入れられないのでしょう。成仏させていないのはこちらの心というわけです。

自然死であろうが自死であろうが変わりません。一つの尊厳ある命の終わりから残されたものは学ばなければなりません。死を見つめ、死を受け入れる事によって仏法という真実に出会わせていただくのです。

真実は事実です。事実でないものは迷いです。迷いは迷信を生みます。

清め塩は必要ありません。死は穢れではありません。穢れでないのであれば清める必要もありません。
むしろ汚れているのは今生きている私たちです。自らの都合で死者をご先祖様と崇めてみたり、悪霊と忌み嫌ってみたり。
亡くなるいうことはそういう汚れた娑婆(この現実世界)でのいのちを終えていかれたということです。そしてもう迷うことのない仏としてはたらいてくださります。

仏が教えてくれるのは真実です。

人は生まれたら死ぬのだぞ
死んでもなくならないものがあるんだぞ
死は避けられない思い通りにならないものだけど、その思い通りにならないはずの私がいま有り難くここに存在してるんだぞ

と教えてくれます。是非ご主人に寄り添い、共に仏法にであってください。

そうすれば死者を迷わせる自らの心に気がつくことでしょう。

回答僧

妙香

塩でのお清めについて(回答へのお礼欄の疑問について)

つばきさん、はじめまして。
横入りで失礼いたしますが、回答から生じた疑問について私の解釈で少しお話しをさせて下さい。

私の所属する寺院では、お墓などでの読経の際に塩でお清めをします。
そして、私自身もご葬儀などから帰山した際には、必ず香を焚き、塩を使って身を清めます。

その理由は、死を穢れとしてみなしているからではなく、むしろ反対で、
様々な感情にとらわれている私たちが清浄な仏さまといつもつながっていられるように、そして故人をきちんと仏さまの世界へお見送りできるように、自分自身を浄化し、よりニュートラルな状態へと戻すためです。

人が亡くなるとき、その人生の中に背負ってきたものから一気に解き放たれます。悲しみ、苦しみ、未練…それを全て手放していくからこそ、故人は成仏できるのです。
僧侶は、各宗派の教えに則って葬儀などを執り行うことによって、また、それに立ち会うご遺族や参列者の方々は、故人へ哀悼の意を表し、供養をすることによって、故人が成仏するお手伝いをします。

誤解を恐れずに言えば、娑婆世界に残された私たちが様々な形で「故人が人生において背負っていたもの」を認め、祈りや供養というかたちで表現し、それを通して心を癒し、とらわれの感情を手放すからこそ、故人の成仏は成り立つのです。

故人の死に納得がいかず、ずっと負の感情にとらわれ続け、その心の汚れでいつまでも自分を苦しめてしまう、ということが、故人の成仏の妨げ(※実際には、決してそんなことはありえないのですが、文字数の都合でこのように表現させて頂きます…)となってしまいかねない。そう考えて、私は、香や塩を用いて「自分の心の汚れ」をすすいでいます。

香典返しの清めの塩も、同様に「ご自身の心に残った悲しみをこれで洗い流して下さい」という意味が込められている、と解釈しています。

そう考えると、事故物件なども、吉武様がおっしゃるように、周囲の人間が負の感情にとらわれてしまう(=死者を迷わせる)からこそ、成立する概念なのかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

ご主人がありったけの悲しみの感情を表現し、それを手放すためには、Aさんのお宅に足を運ぶことが必要なのかもしれません。どうぞ、温かく見守って差し上げて下さい。
ご主人のご様子が心配でしたら、一度、一緒にご挨拶に伺ってもよいかもしれませんね。

合掌


質問者からの有り難し - お礼

早速のお返事、ありがとうございました。

49日くらい経たないと死を受け入れられないもの、汚れているのは私たちの方……とても考えさせられました。
一生迷ってばかりだと思いますが、今現在は時間が気持ちを癒してくれるのを待ちたいと思います。

しかしお返事頂いて、新たな疑問があります。死は穢れではないなら、お葬式のお返し物に清め塩が付いて来るのはなぜですか?
自死や殺人事件があった物件を事故物件と呼び、忌み嫌うのはなぜですか?

吉武様
三浦様
妙香様

お返事ありがとうございました。何度も読み返しました。
主人のことは、自分の気の済むまで、見守ることにします。私も5年前に父を亡くしましたが、時間しか解決してくれるものはないかと思うので、見守っていたいと思います。

お塩の件も、ありがとうございました。目から鱗が落ちたようでした。
私は子供の頃から「お墓参りから帰ったら手を洗うもの」「お葬式や49日の済んでないお宅から帰ったら塩で清めるもの」と教わりました。なのでその行為そのものは、しなくては気持ち悪いものですし、今後もしてゆくと思います。しかし今後は妙香様がおっしゃったように、自分自身を清め、浄化するような気持ちで行いたいと思います。

今はまだ奥様もご家族様も落ち着かないでしょうから、しばらくしてから、主人と伺いたいと思います。

本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ