皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

生死不明

子供が生死不明となり 1ヶ月以上過ぎました。
所持品もすべて車内に残しており、その車自体も 本人の生存が かなり厳しいと思われる場所で発見されました。
自死と事故の可能性があるとは言われておりますが、今の所、断定はされておりません。
生存の奇跡も願ってはおりますが 一方で 子の身を案じるだけで、何もせず、このまま49日が過ぎてしまっても いいのだろうかと思います。
死亡の確率も高い中 このまま発見されるまで様子をみていてもいいのでしょうか?(発見されない可能性もあります)
死亡していた場合、葬儀も供養もしてやっていないことになります。
戒名もなく、子供は成仏できず さらに苦しんだり、闇の世界をさまよったままになるのではと気持ちが落ち込みます。
死亡確定を願っている訳ではないのですが、現実、不明から49日を目の前にし、仮葬儀だけでもした方がよいのか 7日毎の法要はなしでいいのか、戒名をつける事をお願いするタイミングはどうすればいいのか?そもそも49日と仮葬儀を一緒にしてもよいのか?
今後も子供の身体が見つからない事を想像すると、子供の行く先がとても心配です。
何か出来る事があるのではと、焦りと迷いと子供への思いで途方に暮れています。
菩提寺様には相談しにくい状況です。
どうぞお助け下さい よろしくお願い致します。

供養
有り難し 27
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

釋精徹

人間の側の行為によって成仏する、しないは変化しません。

お辛い状況と思います。

もし、仮に息子さんが亡くなられていたとして、葬儀をまだしていない、七日ごとの法要をしていない、戒名がまだないことによって、息子さんが成仏できない、ということはありません。

他宗派の思想には、詳しくないのですが、浄土真宗では、成仏の因は、すべて仏(阿弥陀如来)の側にあります。
人間の側の行為の欠如によって、成仏できないということはありえません。

では、葬儀、七日ごとの法要、49日の法要は、なぜ行うのか?
これは、大きく2つの意味があります。
ひとつは、生きている人間の側が、ある人の死をきっかけ(縁)として、仏法を聴聞するためです。
もうひとつは、グリーフワークです。
悲しい体験から回復するために、葬儀から49日まで、七日ごとに法要を行うことは、臨床心理学、精神医学の観点からみても、理にかなったことだと思います。

法名(浄土真宗は戒律がないので、戒名とは言いません)は、仏弟子としての名前です。
本来は、法名は生きているうちにつけるものですが、現在では、生きているうちに法名をつけてもらう人が少ないので、死後、法名や戒名をつけてもらう人が増えたということです。
これも、法名や戒名をつけてもらっていないから、成仏できない、ということはありません。

お辛い状況だと思いますが、多少なりとも参考になれば幸いです。

回答僧

圓常寺

聖章

念仏を唱えてください

大変お辛い状況なのですね。
なんと言っていいのか、言葉もありません。

とにかく慌てて供養しなくてもよいと思います。
戒名も葬儀もずっと後で構いません。
それが無ければ成仏しないということは無いのです。

宗派にもよりますが、もし浄土系ならば、
毎日念仏を唱えてください。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…と
生きていれば多くの諸仏に守られ、命が尽きていたなら阿弥陀仏により極楽浄土に生まれるのです。
それに、ご先祖様が見捨てるはずがありません。
きっと、良き方へと導いてくれます。

他宗であれば、菩提寺に遠慮なく相談してください。菩提寺は檀信徒のためにあるのです。
困った時にこそ相談してください。

深き情けの阿弥陀仏よ、どうか息子さんをお導きください。南無阿弥陀仏


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
頂いた言葉が、心の隙間に染み込みました。
子が 暗闇の中、孤独に彷徨っているのではと 焦る気持ち、張りつめた気持ちを 瞬間でも、暖かく包んでいただいたような気が致します。
回答に感謝致します。

関連する問答
このページの先頭へ