皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

位牌の扱いについて。

只今、両親と両家の先祖代々と実兄の位牌をお守りしていますが将来息子の代になりますがその時に実兄の位牌を託せるのか迷っています。

何か良い方法があればお知恵を授けて頂ければ幸いです。

尚、墓地は神戸と神奈川に其々分骨(両親)と実兄は改葬致しております。神戸の方は実弟に管理を任せています。

実弟は実兄に相当迷惑な目に合いましたので、分骨せずにこちらの引き取った次第です。

実兄にも家族はいますが殆ど生き別れ状態で今更頼める状態ではありません。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。。

供養
有り難し 13
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

こんな選択肢があります。

位牌を託すとは具体的に何を指しているのでしょうか?単純に位牌そのものを託されるのであれば、ご両親の位牌も託されるでしょうから、そのまま御子息にお任せすれば良いと思います。ただ、お兄様の年忌法要などを含む意味合いならば話は変わってきます。ここでは考えられる二つの選択肢について記しておきますので、ご参考下さい。
一、ご両親の位牌とともに御子息に託す
この場合は御子息のお住まいに応じて御仏壇などの大きさが変わりますので、位牌を小さく作り直したり、「繰出位牌(位牌の中に白木の札が10枚近く入り、札に戒名を書き込みます。)」という先祖代々の位牌一本にまとめる方法もあります。年忌法要はご子息が営む事になります。

二、ご両親の位牌はご子息に託し、お兄様の位牌は永代供養してお寺に安置してもらう
質問者さんのお気持ちとして、叔父であるお兄様の供養までご子息にさせて良いものかというお気持ちがあられるとお察しします。その場合は菩提寺や御縁のあるお寺にお兄様の永代供養を申し込まれてはいかがでしょうか。大半のお寺で永代供養をされた方の位牌は本堂などで安置されるようになっていますので、お兄様の位牌はお寺で安置されると思います。
以上の事を踏まえた上でご検討下さい。

位牌に関して浄土真宗本願寺派以外になります

 kubura818さま、ご質問頂き有難うございます。私共浄土真宗本願寺派では位牌は仏具として用いませんので、位牌の霊入れなる法要自体存在しませんし、法要は行いません。 位牌が仏教と位牌が関係無いことは、タイやミャンマーなど中国経由以外の他の仏教国を見ても、どこにも位牌はなく、本来、仏教では位牌は用いないことは明らかであります。なお、日本仏教では、浄土真宗以外の多くの宗派では、日本仏教独自の仏具の一部として、位牌を用いるようにしているところは多いですが、本願寺派ではご法名は過去帳に記載し、ご本尊近くに安置することを一般的ですので、他宗さまの意見を参考にして下さい。本当に御無礼いたしました。合掌


関連する問答
このページの先頭へ