皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

正しい供養とは?

幼い頃、母と離婚した父が、数年前に他界していたと人伝に聞きました。
働かず、タバコと酒とパチンコに溺れ、気に入らないことがあると、母や私達兄弟に暴力を振るう父で、記憶にあるのは恐怖の対象でしかありませんでした。
ですが先日、ある人から、「両親あってのあなたなのだから、きちんと供養してあげなさい」と言われました。父は上記のような人でしたから、寒い日に野外で凍死し、兄弟親族からも見放され、市の無縁仏の墓地に納められたと聞きました。父の大好きだったお酒とお線香をあげ、お盆、お彼岸とお参りに行きましたが、これが正しい供養なのかわかりません。お葬式をあげてあげるお金もありません。
正しい供養とはどのようなものなのでしょうか?どうしたら父は安らかに眠れるのでしょうか?

お参り
有り難し 15
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

貴女が迷ってはいけませんよ

ご質問拝見いたしました。
りく様のその姿勢・気持ちが一番大切です。お線香をお供えする。お盆お彼岸にお参りする。
それだけでも十分かと思います。
ご両親あってのりく様です。たとえどんな生き様をしようとも、どんな人生の終わり方をしようとも、お父様がいて、お母様がいて、りく様がいます。
今、貴女の命があることに感謝して、お父様に手を合わせましょう。
貴女が悩んではダメです。迷ってはダメです。
感謝の気持ちを持って、「ありがとう」の気持ちを伝えてください。
貴女のご宗旨がわかりませんが、浄土真宗では「ありがとう」の感謝の気持ちは「南無阿弥陀仏」と申します。
合掌

出来る事をしてあげては?

拝読致しました。このようにご質問されるという事は質問者さんにご供養をされる意思があるという事ですね。供養の定義、種類についてご説明させて頂きます。
供養とは実は「供給資養」という言葉の略語となります。供給とは仏や故人にお供えする事で、資養とはそれにより、お供えした者の仏心を育て、心を慰める事を意味します。供養にも種類がありまして、代表的な三つをご説明します。
一、利供養 故人と御縁のある方々が集まられてお坊さんに読経して頂くもの
二、敬供養 故人の信念、良きところを遺族が受け継ぐもの
三、行供養 故人のこの世への未練は遺された方々の事です。故人に心配をお掛けせぬように遺族は精進して幸せになること

どれも欠かせないご供養ですが、ご供養を行うにせよ、まずは故人がどうすれば喜ばれるか。この事を一番にご供養されて下さい。そうすれば、故人と遺族、互いにとっての本当のご供養になると思います。葬儀が出来なくても出来る範囲でご供養すれば宜しいですよ。


質問者からの有り難し - お礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。お彼岸、お盆と、南無阿弥陀仏とお参りをしたいと思います。本当にありがとうございました。

柳原様も、お時間を割いてご回答くださり、ありがとうございました。供養にも種類があるのですね。今できること、父が望むことを考えながら、行ないたいと思います。本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ