皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

命について

私には80代後半の祖父がいます。

祖父は今年の春頃インフルエンザにかかり、認知症が進み、そして体力も衰えていきました。

そのせいで免疫力も低下し、インフルエンザが治り安心したあと、肺炎にかかってしまい今は病院に入院しています。

最初わたしは、「きっとすぐに退院するだろう。」と思っていました。

その訳は、祖父は何度も手術をしていて心臓に機械がついています。

だからというわけではありませんが、きっとおじいちゃんなら治る。よくなる。と信じていたからだと思います。

もちろん今でもそう信じていますが、
昨日(11/20)の夜、母から「おじいちゃん、もしかしたら来春迎えられないかもしれないんだって。」と告げられました。

その時は悲しみもショックな気持ちも出てこず、ただただ受け入れられなくて、信じることができなくて「そうなんだ」と言って、気持ちを切り替えていました。

しかし、夜寝るときベッドに入り電気を消した時、ふと祖父が元気だった頃を思い出しました。

「あぁ…おじいちゃんは長くないんだなぁ」と思ったあと、だんだんとその言葉が理解でき涙が止まりません。

なかなか寝付けず、目をつむっては祖父を思い出し、声を殺して泣いています。

人の命には必ず終わりがあるのはもちろん分かっていますが、とても辛いです。

祖父にはなんとしても生きてほしい。
でも苦しい思いはさせたくない。
去年までは元気だったのに。
普通に喋ってたのに。歩いてたのに。食べてたのに。笑ってたのに。

そんなことがずーっと頭の中でグルグルしています。

祖父の娘である母はきっと私よりも遥かに辛いと思うので、母には私が泣いているところを見せたくはありませんが、苦しいです。

そして祖父が肺炎になる直前、私が見た夢の中に祖父が幽霊になって現れました。

祖父が肺炎になってしまったのは私が見た夢のせいではないかと思っています。

夢を取り消したり、変えたりすることなどできるはずがないのに、なんでその夢を見たんだろうと後悔ばかりしています。

今回は相談ではなく、辛くて綴ってしまったので、読んでいただくだけで構いません。

死について
有り難し 6
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

夢は夢です。

拝読させて頂きました。お祖父様の事が大好きなのですね。質問者さんのお気持ちがよく伝わってきました。お判りの通り、生きとし生けるものは必ず死にます。ただ不幸中の幸いか、自らの寿命を知らないために普段はこの現実から目を逸らしています。でも逆に寿命がわかっていると、命を慈しむようになるのではないでしょうか。一日一日を無駄にせぬように大切にするのではないでしょうか。夢に出てきたから肺炎になったなんて事はありえません。そんな事に惑わされてはなりません。質問者さんが今すべき事は残されたお祖父様との時間を大切に過ごす事です。そして、お祖父様を通じて命あるものには終わりが訪れる事を再確認されたはずです。今ある命を大切にされて下さい。それがお祖父様の事を活かす事になります。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
たしかに夢に出てきたからと言って肺炎になるなんて信じられないですね。
今週末、祖父の入院する病院に行くことになりました!
その時に祖父との時間を大切に過ごそうと思います。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ