皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

宗派によって

御世話になります。私の家は浄土真宗です。教えによると、西方に浄土がありそこに生まれ変わるとのことです。私の祖父母もそこにいるものと信じています。ですが近々、他家に養子に行く可能性が出て参りました。その家の詳細は分かりませんが、どうも禅宗のようです。禅宗の知識が全くありませんが、禅宗の浄土とは真宗と同じ所なのでしょうか?私は、祖父母に再開できますでしょうか?

死について
有り難し 12
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

個人がどのような後世を願うかは自由です

禅宗では直接、浄土も往生も説きません。
人は今生の因縁によって次の生命の形が決まって転生します。その先が、浄土真宗で説かれる浄土であるかどうかは、禅宗の教えの中では判断できません。
しかし、人は後世を願って自ら精進することで、そこに近づいて行くことができるはずです。
ですから、もし後世で浄土真宗の説く浄土に行ってご先祖様と再会したいとお考えであれば、そうなるように日々の生活をなおざりにせず、精進されれば良いのではないでしょうか。
お家の宗旨はそれはそれとして尊重されながら、個人がどのような後世を願ってどのような精進をするかは、それぞれの自由が認められて良いと思います。

回答僧

鳳林寺

光禪

大丈夫。きっと会えますよ。

 こんばんは。禅宗のひとつ、曹洞宗のものです。

 なるほど。確かに禅宗では「浄土」という言葉を使わないので調べてみましたら、曹洞宗の開祖道元禅師の書かれた「正法眼蔵」の「行仏威儀」の巻に「浄土」の言葉が出てきました。「行仏威儀」の巻の内容については省略しますが、手元の解説本(西嶋和夫 現代語訳正法眼蔵)には浄土について「(前略)例えば阿弥陀仏の極楽浄土(後略)」とありますので、同じ世界観と理解して良いでしょう。

 大丈夫。きっと会えますよ。


質問者からの有り難し - お礼

早速のお返事、ありがとうございました。お二方の御回答により安心することができました。感謝致します。

関連する問答
このページの先頭へ