皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

会社に行けなくなりました。

以前、同僚のいじめでご相談させていただいたものです。
あれから課長に相談し、数カ月先になりますが係内で仕事の担当を変えるということになりました。

例の彼女の態度は相変わらずですが、私は精神的にもギリギリのところでバランスをとりながら、その時を待っている状況です。

ところが、先日、係長(女性)に呼び出され、『その同僚の女性が口をきかなくなった時に「なぜ私と口きいてくれないの?」と聞くべきだった』とか、『その時に職員に相談すべきだった』(私は相談しましたが、職員には話は聞くが何もできないと言われた)と言われました。

半年も前のことをなぜ今蒸し返すのかもわからず、私は精神的にギリギリで毎日出勤しているような状況だったので、全く反論できず、その場で号泣してしまいました。

それに気づいた課長が1時間ほど話を聞いてくれ(その感も号泣というか嗚咽している有様でした)、帰り道も夜で暗いのをいいことに、泣きながら帰りました。

私は被害者じゃなかったのか?
私が悪かったのか?
私のせいで、配置換えされる職員に迷惑がかかるのか?

そう思ったら次の日から出社できなくなってしまいました。
今日、心療内科から診断書をいただき、とりあえず1か月休むように先生に言われました。

でも、嘱託職員という非正規の立場ですから、雇い止めもあり得るだろうし、おそらく休んでる間は無給だと思われます。

自責の念にかられて辛いです。
そして、仕事はしたいが、戻れるかどうか不安で仕方がないです。

1か月どう過ごしたらいいのでしょうか。
自分の心とどう折り合いをつけたらいいのでしょうか。

生きる意味
有り難し 28
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

今のあなたでいいですよ。

前回、回答させていただいた尼崎の住職です。

あれから、よく頑張られましたね。

他者は他者なりの考えがある。生きている人間ですので。
上司の方が前と態度が変わらなくてもなんら不思議はありません。

あなたが悪い訳じゃないんです。

確かに係長は、理解もへったくれもない機械的な発言だったなと、私は感じております。
しかし、彼女にもなんらかの理由があった上での発言ではなかったのではないか、とも考えられます。
なんせ複雑な人間関係の渦のなかで、生きておられるのですから。

一時間も事情を聴いてもらった事に関しては、感謝の気持ちでおられてはと、私は思います。

>私は被害者じゃなかったのか?
あなたは被害者という見方でいいと思います。

>私が悪かったのか?
悪くありません。むしろご自身のできうる限り頑張られました。

>私のせいで、配置換えされる職員に迷惑がかかるのか?
お上の決定です。あなたが決めたことではありません。

心療内科で1が月休養するように診断が下りたのですね。
病院は占い師ではないので、しっかりとした根拠をもとに診断されます。

選択というのは、別の角度からみれば、どちらか一方を捨てることになります。

先がわからないけど・・・

1か月の休養と治療を捨てるか。
会社に行くことを捨てるか。

選択肢はあなたの自由です。
選択したならば、全力で課題に取り組んで下さい。

お金の事は重要も重要。
それを承知で書きますが、かんのんのんさんの心と体が崩壊すれば、本末転倒ではないのか。
少なくとも私は、そう思っているんです。

周囲の素敵なお仲間にも、しっかりと話しを聞いてもらって下さい。

回答僧

光永寺

憲章

あなたは被害者です、悪くないです

かんのんのんさんはじめまして、ご質問を読ませていただきました。前回のご質問といただいたご回答も読ませていただきました。本当にお辛いですね、そしてよくこの職場で対応されてきたと思います、お疲れ様です。私は檀家等のあなたと同じような境遇で苦しまれている方々のお話を聴かせていただきそのうちの何人かは何年ものお付き合いを現在もしております。その経験を踏まえてお話しさせていただきます。まず最初に申し上げたいのはあなたはパワハラの被害者です。あなたに落ち度があるわけではなく同僚と職場が悪いのです。その中で耐えてきたあなたを私は褒めさせていただきたいと思いますし、あなたもご自身を褒めてあげてください。そして一番大事なことは前回に回答されたお坊さんもいわれたとおりあなた自身の人生です。職場もその同僚もそのあなたの人生のための手段にしか過ぎないとのことです。読ませていただいて想像するに誰もわかってくれないとのだとの悲しみと、もしかして自分が悪いのではないかとの想いに心が折れ、疲れ果て自分自身を責められておられるのかと心配です。もう一度いいますね、あなたは被害者です、あなたは悪くないです。今後のこと考えられると不安になられるのはごく自然ですが、今は被害者である自分の心を休ませていただきたいと思います。そしてここでもいいですからそのお気持ちを伝える、打ち明けてください。誰かに話すことが大事です、一人で抱え込まないことが大事です。そして繰り返しになりますが、あなたにとって最も大切なものはあなたの人生そのものだということです。私が長年あなたと同じような悩みを聴かせていただいてる方は悩みながらも少しづつ自分の人生の進むべき道を見つけ出し歩んでいいます。最初は聴いている私自身この方の人生に夜明けは本当に来るのかと正直不安もあるぐらい厳しい状況でしたが今は朝日が差し込んでおります。かんのんのんさんあなたもだいじょうぶですよ。またあなたのその想いを聴かせていただけることを待っててます。一緒に歩んでいきましょう。


質問者からの有り難し - お礼

お二人とも、ご丁寧なお返事ありがとうございました。

今の精神状態状ではまっとうな判断もできませんので、とりあえずは休んで、落ち着きを取り戻したいと思っております。

お二人のように、私を肯定してくださる方がいらっしゃること、本当に心強いです。自責の念ばかりが強くて、それに押しつぶされていました。
本当に本当にありがとうございます。

枯渇したエネルギーを補給し、また職場に復帰できるように、今は休むことに専念しようと思います。

身近にも親身になって心配してくれる人が少なからずおりますし、ましてこちらでもお坊さまに心強いお言葉をいただき、感謝の念に堪えません。

生きていこうと思います。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ