皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

看護師の妻の今後に関して

はじめまして。
タイトルの件ですが、昨年10月に3年交際した末、結婚した妻がおります。
妻は20歳のときに国家試験を合格し、21歳になった現在2年目の看護師として救急病院で働いています。

その妻から先日、医大に通って医師になりたいと言いはじめました。
いま二人の間に子供はおらず、アパートで2人暮らしをしていますが、
結婚式の返済などもあり、貯金はほとんどないため、
妻の収入にも頼って共働きをしている状況です。

医大に通うにも学費などお金の問題も出てくるため、
何点か質問をし答えをもらいましたが
現状、わたしもどうしてあげたらいいのか迷っている状態です。

まず学費に関して国公立大学の医学部ならば月15万程度学費等がかかる点
・・・夜間救急診療などのアルバイトで稼ぎながら通うとのこと
その間に子供ができたらどうするのか
・・・できたらその時に考える(受験勉強をしているのであれば、延期・在学していれば休学など)

妻が医大に行こうと考え始めた経緯を聞くと、
看護師の仕事には医療として出来ることに限界もあり、小さいときから医者になることも
夢だったということを聞くと無下に反対するのは良くないと思いつつも、
ただでさえ難しい国公立大学に合格できるようになるまでになるのか。
と若干厳しい言葉を投げてしまうわたしがいます。

まずは、仕事をしながら大学に行けるように勉強するし、
1年経っても模試などで結果が出なければ止めるようにすればいいのでは?
と私からは伝えていますが、
今後どのようにサポート、もしくはアドバイスすればいいのかお教えくださいませ。

学校・会社・働く
有り難し 7
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

それで良いと思います。

こんばんは。今、初婚の平均年齢が上がっている中、そのお年で結婚を決意されたのは、尊敬に値すると存じます。
そして、「現場に出て夢が固まった」というのも肯定したい話です。「成績がいいから医学部へ…」というのではなく、ご自身の足が地に着いた考えなのでしょう。
であれば、応援してあげたい所です。ただ、そう簡単ではないでしょう。
なので、「期限を区切る」ことをお勧めします。一年なり二年なり、延長はしない方が宜しい。グダグダになりますから。合格したとして、ひと落ち着きするのは30歳ごろですね。夫婦として次世代のことを考えるにも、リミットが見えてくる時期ではありませんか?
あとは、貴方を含め周りが見守り応援できるか?ということです。結構な長期間ですよ。貴方の相談文からは、「それなりの余裕はある」と感じますが、どうでしょうか。


質問者からの有り難し - お礼

早速のお言葉ありがとうございます!
やはり期限を切って支えられる部分で
支えてようと思います。

最後にある通り、二人とも
同年代よりも給与はもらっており今の生活水準は、
決して低いものではないと思っております。
ただ大学にいくとなれば、
その分必要になるお金が多く、
その点でも心配な部分となっています。

そこを踏まえてまた何かお教えいただけることが
あればよろしくお願い致します。

関連する問答
このページの先頭へ