皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

苦しみと共に生きる

自死で彼が逝き1年3ケ月ほどが過ぎました。
当初ほどの焦燥感や不安定さはなくなりましたが、
自責・罪責はなかなか消えません。

苦諦と言う言葉がありますが、私は苦しみとともに生きていくしかできません。
坐禅にも取り組んでますが、終わったあとはとても苦しいです。
辛く悲しいものが湧き上がってくる感じなのです。

こんな私はどのようにして苦と向き合っていけばよいのでしょうか。
決して解放されたいとは望んでいないのです。
勝手に一人で苦しい、苦しいと言いながら生きてけばいいのでしょうが、ただ意識だけははっきりさせておきたいのです。
どうかするとすぐに死の世界に入ってしまいます。

私は本当に無知でした。何にも分かっていませんでした。
自殺は追い詰められた末の死だと言われますが、
間違いなく私が彼を追い詰めました。
もしかしたら生きる道を探していたかもしれない彼の邪魔をし、最後のスイッチをを入れる決断を促してしまったと思っています。

こんな私が生かされております。生きていなくてもいいのにです。

仏教
有り難し 26
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人に憑りつくものがあるとすればそれは自分の想念

彼が亡くなってしまったこと、自死を選択してしまったことは本当に残念なことですが、それはそれで彼の尊厳です。自死を選択するほど、苦しかったのでしょう。それは彼の意志。彼の選択した意志をあなたが、受け止められずわたくし視して、ずっと自分を責めている。それはある種、自分が悲劇のヒロイン状態になってしまっているのです。
厳しいことを申し上げますが、あなたの自己中心的な執着を自覚させ、それを捨てさせるためです。
人は自分の自己中心的な想念で苦しみます。
彼がいなくなったという事実は事実です。
ところがあなたは、その事実を抜きに、自らを中心とした考えの中で様々なストーリーを描いてしまっているのです。それこそがあなたを苦しめています。
あなたは無自覚ながら彼の死後も盛んにあるアクセルを全開で踏み続けています。
そのアクセルとはある種、自分自分した自己の想念アクセルなのです。
踏めば踏むほど考えが展開する。
坐禅をしているようでも自分の想念をやっているだけでしょう。
多くの人は坐禅をしながら坐禅をしていません。
坐禅になっていません。
坐禅とは優れた指導者無しでできるものではありません。
正しい坐禅によって自己の真相を明らめた指導者、正師のもとで坐禅をせず、ただ自身の考えの上で誤った坐禅をしていくのであれば、しない方が良いでしょう。
本当に正しい坐禅になっていれば、あなたのような症状にはならないからです。
要は、指導者無しの坐禅は、坐禅の格好をしながら自分の想念を盛んに働かせるばかりで坐禅の要点をまるでやっていないことになるのです。
坐禅とは座る禅定が終わった後こそが坐禅だからです。
坐禅によって滅私された無我なる心が相続していなければ坐禅になったとは言えません。
そうでなければいつまでも自分をやっているだけ、自己の想念を展開させているだけなのです。
あなたはせっかく坐禅をしながらも、やっておられる坐禅は坐禅の格好をしながら考え事をしているだけであると思います。機会があれば当山にお越しください。
もし、私が死んだ彼氏の立場であったら、あの世からこう眺めることでしょう。
「ああ、私の死後も、この人は、ずーっと自分をやっている。」と。
苦しみと共に生きると仰いますが、それすらもあなたが打ち立てている自己流のモノの眺めなのです。
事実は人を責めません。自己の想念が人を苦しめるのです。

「苦しみと共に生きる」は「彼と共に生きる」ということ。

はじめまして。亀山純史と申します。
ジョンさんのご質問(ご相談)のタイトルの「苦しみと共に生きる」の「苦しみ」は「彼」のこと、つまり、「苦しみと共に生きる」は「彼と共に生きる」ということだと思います。つまり、もしも、苦しみがなくなったら、彼のことも一緒に消えてしまうと思うのです。
「苦しみ」が強いほど、そこに彼はいてくれます。そして今、あなたに出来ることは、死を選んでしまった彼の最良の理解者になること。そして、その人の名前を呼んであげることです。しかし、理解しようとすればするほど、あなたは自責に苦しむことになるかもしれません。また、名前を呼べば呼ぶほど、悲しみが増してくるかもしれません。でも、その苦しみ、悲しみの中に、彼は間違いなくいてくれています。
私自身、僧侶として葬儀場で、火葬場で、「お父さん、お父さん」と呼び続ける人、亡き最愛の子の名前を呼び続ける人と出会います。その人は、亡き最愛の人の名前を呼び続けることで、その最愛の人と出会っているのだと思うのです。
以上が私からの回答です。ほんの少しでも、お役に立てれば幸いです。


質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございます。

丹下様:「自己中心的な想念」「自分自分した自己の想念アクセル」、、、その通リです。痛いです。そこから抜け出したくて坐禅を試みました。最初は坐禅会にも行っておりました。坐禅に関してはまた一からやり直します。よろしくお願いいたします。

亀山様:彼と共に生きる…そのように表現して下さりありがとうございます。苦しいのは当たり前、苦しみを滅したらいけないとの思いがあります。まだ彼の死を理解できていない、いや理解しようとしてないのかもしれないですね。

関連する問答
このページの先頭へ