皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

愛犬の死が怖い

20年近く一緒に住んでいる高齢犬がいます。その子の死がとても怖いです。
目も耳も悪くなり、横になって寝ていることが多く、撫でてあげたりしていると、その子の死が怖くて涙が出ます。離れるのがとても辛いです。
私が若かった頃は、遊びに出ていくばかりでなかなかゆっくり可愛がることも出来ず、凶暴な犬のため、小型犬ですが手をあげることもよくありました。そのことをとても後悔しています。
なんであの時たくさん可愛がらなかったのか。たくさん動けなくなった今になって、たくさん撫でてあげてももう遅い。今まで夜遅くまで一人にしてたことも、手を出したことも、記憶力の良い愛犬は忘れてなんかないと思います。
まだ死んでもないのに、先のことを思うのはその子にも失礼なのに、いつかは離れてしまうことを考えると辛くて辛くてたまりません。その時は私も一緒にいなくなりたいと、本気で思います。幼少期から一緒にいた子が居なくなる恐怖と不安。生きる希望が無くなってしまいそうです。

身近な人の死
有り難し 4
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

愛犬はあなたに感謝していますよ。

はなはなさん、初めまして。
川越で僧侶をしている千田明寛と申します。よろしくお願い致します。

愛犬の具合が良くないとのこと。心配ですね。
私も幼い頃より犬と猫を何匹もお寺で買ってきましたが20年も生きた子は
居ませんでした。とっても大切にお世話されたのですね。素直に凄いと思います。

私も愛犬が死にそうになった時に、その子が居なくなることが信じられなくて
恐怖し泣きました。犬猫も当たり前のように家族の一員として長い間生活していると
居なくなるということがにわかには想像し難いですよね。

仏教では生きているものは「生老病死」の苦しみから逃れることはできないと
説いています。もちろん、犬や猫の動物なども例外ではありません。
愛する者と別れる苦しみ「愛別離苦」というものもあります。
(これらを全て統括し四苦八苦と言います)

どんな人間も完全に一人で孤立して生きていくことは不可能ですので
誰しもがこの苦しみを多かれ少なかれ経験することになります。

愛犬に対する後悔があるとのことですが、ワンちゃんは昔のことを思い出して
決してあなたのことを怨んでなんかないと思いますよ。
犬はとっても愛着が深い動物です。むしろ、ここまで大切に育ててくれた家族との
楽しい思い出の日々に感謝しているのではないでしょうか。
だって、よっぽど大切に育てないと20年という長い期間はとても生きられませんよ。

構ってあげられなくて後悔している。その気持ちだけでも十分です。
はなはなさんのようにそう思ってあげられる優しさ。
そのような飼い主に出会えただけでもその子は幸せだったと私は思います。

どうか、その子のことをいつまでも忘れないであげてください。
その後悔の気持ち・反省の気持ちは愛犬があなたに教えてくれたことです。
犬や猫は口がきけない分、その身をもって私たちに色々なことを教えてくれますよね。
人間もペット達によって心が成長できるんです。もうどっちが飼われている方かよくわかりませんね笑

はなはなさんがもっともっと愛してあげたかったというその気持ちをいつまでも忘れないで
これからの人生に活かしてください。そうすることでその子も報われるはずです。
愛犬は亡くなった後もいつまでも心の中であなたと共に生きることができます。

どうか残された期間、精一杯の愛情を注いであげてくださいね。


関連する問答
このページの先頭へ