皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

時代は変わってしまった・・・

私は40代半ばです。
仕事に対して仕事は助け合い精神が大事だと言って来ましたが・・・
その考えは今の時代に合わないのでしょうか?
私はいつ何処でどんな形で助けられるか分からないから助け合い精神と思い色んな物を犠牲にして働いて来た職場を年末で辞めました。今月の半ば位に違う職場で働く事が決まってますが私の助け合い精神は辞めるべきなのでしょうか?私ももう若くは有りません。その為新たに働く職場を長く勤めたいと考えてます。どうかアドバイスお願いします。
宜しくお願いします。

学校・会社・働く
有り難し 13
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人の本質は変わっていません

助け合いでいいのです。
ただし、相手が望んでいる助けのカタチが変わっているだけなのです。
意志がいきなり薬を与えない様に、相手が望んでいる助けはこちらが思っている助けではありません。
私もここでの回答はあなたの望む回答は出せません。
それは、ここでのやり取りもそうですが、本当の診察になっていないからです。
人間は一問一答では相手の真意は分かりません。
あなたが本当に痒い所をこの文字では言い尽くせない様に、職場の方々も決めてかかってはいけません。
あなたが、その方々と本当に問答をしていないだけなのです。
人は相手にプレゼントを贈るにしても本当に相手が望んでいるプレゼントを贈らないとそこに価値が生まれません。
もちろん、それよりももっと素晴らしい贈り物であるにしても、相手にその価値が分からなければ伝わりません。
あなたのその精神は相手が受け取れる形でないと受け取ってもらえません。
世間の男女が家族に愛を贈っても滑っています。
私なんか何を贈っても滑りっぱなしです。
ですが、人間は欲すること、必要とされたいこと、望む、願う、という本質は変わっていないのです。
その人たちが何をもって心を埋めたいのか、お互い診察を大事に接していきましょう。


質問者からの有り難し - お礼

お返事有り難うございます。
確かにそうですね。
改めて学ばせて頂きました。
今後はキャパを広げて行こうと思います。

関連する問答
このページの先頭へ