皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

許せない人を許すには

許せない人を許すにはどうしたらいいでしょうか。
相手は私のことを
あぁがっかりだわ〜あなたってだめね。と
笑って見下してきた感じで、すごく腹が立ちます。
相手は自分ってできる人だから、みんなに頼られてばかりで疲れちゃうのわ〜あなたにはわからないでしょうけど笑っ

みたいな簡略にいうとそういうことを言われてしまい、
確かにいろいろと人脈が広い人ですが、
すごく悔しいです。
相手が憎いです。。。
自分がだめな気がして苦しいです。

怒りを抑える
有り難し 37
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

執着を【ゆるめる】ことが許すこと

私のルールの上で、私が審査員・評価委員になって、自分を中心にその人のことを悪く言っているだけです。
しかも、心の中で悪く言ったところで相手には届きませんし響きませんから現実の世界と想念の世界とのギャップで苦しいのです。
故に、自分の相手に対する執着なのです。
相手はもう目の前にいません。
過ぎた映像も過ぎた音声ももう目の前には存在していません。
あなたが相手にしているのは脳内の映像、記憶、印象、自己ディスプレイ上のマボロシ、です。
肉眼を打ち開いてください。
そこにあるものはなんでしょう。
それがアナタが相手にするべき世界です。
脳内がそっちに切り替わればもう執着はほどけて緩められています。
5感を大切に感受していることの方を優先させて生きてください。
気が付いたらもう執着は緩められています。
あなたが許すと許せざるとにかかわらず、ほどけています。
そのほどけた心がほとけの赦し、です。

しっかりと見据えて

拝読させて頂きました。その様な方はよくいらっしゃいます。そしておうおうにして浅はかな方です。自分がえらく立派であると高慢になっていらっしゃる方は実は己れの浅はかさをわかっていない方です。
人間は万能ではありません。完璧ではありません。
完璧な方はお釈迦様の様な方です。
どなたもその様な方はいません。なかなか。
ですからその方をしっかりと見据えて頂ければ自ずと感情は変わります。
そして憎しみは己れをおとしめる心ですからおやめなさってくださいね。

あなたがその方にとらわれることなく素直なお気持ちで皆様と成長なさってくださいます様にとお祈り申し上げます。

回答僧

妙香

自分の幸せを追求していると、いつの間にかゆるせるようになる

ご質問、拝読いたしました。

相手の方は、「人脈がある」とか「頼られる人物」として自分をパッケージングしないと、生きている価値が見いだせないのかもしれません。

でも…そうやって、他人のイメージにあわせて生きることは、はたして本当に幸せなのでしょうか?

本当に価値があるものは、ひけらかす必要がないもの。
人から見上げられる人間は、自分から人を見下ろす必要がない人間。
誰かに認められるよりも、自分自身を認めることのほうが、遥かに難しくて価値があること。

そんな考え方に支えられた、豊かな心の在り方から、本当の幸せは生まれます。

mmさんも、他人の言葉やイメージに振り回されることなく、ご自身の心が望む幸せを追求してみてください。

そちらに集中しているうちに、だんだんと相手のことをゆるせる自分になっていることに、気がつくと思います。

どうぞ、ご自愛ください。

合掌


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございますm(__)m
憎しみは己れをおとしめる心ですからおやめなさってくださいね。とおっしゃられても、
なかなか、、ほどけないです、。相手を殴ってやりたいです。

自分を赦したいです。

私はダメなやつじゃないのでしょうか。

私はダメだからそんなことを言われるのではないかと無価値観があります。

ふとした瞬間に言葉にならない怒りを感じます

関連する問答
このページの先頭へ