皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

時間の糸の話

登校拒否をしていた小学生の頃、法要か何かでお坊さんとお食事する機会がありました。その時、そのお坊さんが話してくれたお話です。
だいたいの内容しか覚えていません。仏教のお話か、そのお坊さんが作ったお話かも分かりませんが、こんなお話をご存知でしたら何というお話か教えてください。

・ある子供が誰かから人生の毛糸をもらった。その毛糸を巻き取ると時間も早送りされる。
・嫌な事があると、その子供は毛糸を巻き取り続けた。
・気づいたら老人
・死ぬ時に薄っぺらい人生だな、って思う

ふと、このお話を思い出す時があります。

その他
有り難し 30
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

アナトール・フランスの「エピクロスの園」

ノーベル賞作家のアナトール・フランスのエッセイ集「エピクロスの園」に妖精が少年に、時間を調節出来る糸毬を渡すお話があります。

回答僧

鳳林寺

光禪

アラレちゃん

こんばんは。

 すでに解決済みですが、

 実は、この質問についていろいろなお坊さんに調べて頂いていました。答えが出てきて良かったです。
 お坊さんから探して頂いている中で、以下のようなお話が出てきて、ちょっと似ているので、ここに紹介しておきますね。

 鳥山明さん原作の、Dr.スランプ アラレちゃん 第169話 「おひさしぶりの大発明!!」です。
どんな話かというと、

・千兵衛が時間を止める道具を発明した。ストップウオッチの形をしていてボタンを押すとボタンを押した人以外の時間が止まる。
・千兵衛はこの道具を使い時間を止め、時間の止まった妻の山吹みどりのスカートの中身を見て大喜び。
・その後千兵衛は「時間が止まった」系のギャグにありがちなイタズラを連発。
・周囲の時間は止まっているのに、千兵衛の時間だけ止まっていないので、千兵衛だけ老けてしまった。

と、こんな話でした(笑)


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
お坊さんのお話だから仏教系のお話だと思ってました。読んでみます。

光禪様
たくさん調べていただいた様でありがとうございます。
懐かしいアラレちゃん☆
時間は早送りでも止めてもダメですね…
そんな道具があったら絶対私もセンベイさん化するから、時間がいじれなくて良かった。。
地道に人生歩みます。。。
にしても、、、職場に見た目がセンベイさんそっくりな嫌味上司がいます!
イラっとした時、いろいろ思い出して気分転換出来そうです(笑)
アラレちゃん169話、探してみます!
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ