皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

同年代の可愛い子への嫉妬

私にはどうしても好きになれない、同学年の女の子(Aさん)がいます。
Aさんとは直接話したことは数回だけで階も違うので週に数回会うだけですが、私はAさんを好きになれないのです。

何故好きになれないのか、自分で考えて出てきた理由が3つあります。
①可愛い
②自信ありげな仕草
③私と顔と性格以外が似ている です。
妬んでいる自分が恥ずかしく、今すぐにでも妬むことをやめたいのですができません。

①と③
私は女の子の割には高身長で、細身、髪は胸まであり、顔は人によって判断が異なるくらいの顔立ちです。
外見は喋らなければ暗いです。
私は緩い文化部に入っていますが半分帰宅部みたいな感じです。
性格は普段は大人しいですが、いざという時は社交的で周りに比べて先生方と仲が良いです。

一方でAさんは可愛い顔立ちで、私と同じ身長と体型と髪の長さです。
服装は制服で女の子らしいです。
声は小さく高い声であり、私の低い声とは正反対です。
部活は面倒と帰宅部であまり外に出たがらないらしいです。
性格は根暗と友人から聞きましたが、本当にそうなのかわかりません(文化祭では化粧をしていた)。
私とAさんは趣味も似ています。
特徴を上げた通り顔と性格以外はそっくりです。

②自信ありげな仕草
私がAさんのことが好きになれない理由は可愛いからだけでなく、仕草にもあります。
髪をかきあげたり脚を組んだり、ポケットに手を入れて自信ありげに歩く姿には「自分が可愛いということを知っていてやっている仕草」と捉えてしまい、どうも目を向けられません。

実際に思っていることを書き出すと、本当に妬みからきているのだなと感じました。
私は昔から可愛い子が嫌いで、勝手にライバル視してしまいます。

正直〔話したことも数回程度で、全く性格等を知らない〕Aさんとの差に私は何故コンプレックスを抱いているのか、自分自身でも謎です。
なのに何故かAさんとは会いたくない、むしろ見たくないと思ってしまいます。
そのため最寄り駅が同じなのですが行きと帰り、両方の電車を1本後のものに乗ったりしていますが、こんな変な思いを持つことに疲れています。
それにクラス替えもAさんと同じにならないか不安で、怖くて夜も眠れません。

どうしたらAさんを苦手と思う気持ちがなくなるのか、苦手と思う本当の原因も知りたいです。
よろしくお願いします。

嫉妬・蔑み
有り難し 3
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自分自身を見るからでしょうか

拝読させて頂きました。なるほど・・・苦手な人はけっこう世の中居る者です。相性も性格も生き方さえ合わない嫌い、了承できないからかもしれませんが私達はそれぞれ個体差もありますから必ず嫌な人はいるものです。
最初からそういうものだと割り切ってしまってもいいのではないかとも思います。その点を深く考えることも恐らくあなたの成長過程ではあるはずです。

はっきりした原因はなかなかわかりませんよね。恐らく。
想像で申し上げるのも失礼かとは思いますが、その人の存在やしぐさや生き方が実は自分に似ている乃至根底ではそっくりだからかもしれません。
そして同様にそのことを醜悪に感じる自分自身を醜く感じるからかもしれません。

人は知らず知らずのうちに自分と他者を比較していますから自分勝手にコンプレックスを持つものです。
その感情は振り子のように心の中をあっちこっちに振り回し、勝手に恨みや妬みや憎しみを作り出すものです。その感情は愚かなものです。そして自分を傷つけ、その反動で周りの方々をも傷つけることを度々引き起こします。

自分の心の中には邪悪な考えもあるものです。その感情がうごめく時に自分自身も嫌な思いをすることは自然なことです。

だからこそその様な愚かな邪悪な考えを正し改めようという思いも芽生えるのかとも思います。

なんともわかりませんが、もし可能ならば一度その方とゆっくりお話しなさるきっかけを作ってみて話してみることも良いかもしれません。

話してみると意外に自分に合う人だったり、いい人だったりするものです。
それが無二に親友になったりすることもたまにはあるでしょう。

あなたはこらからたくさんの方と出会っていきます。そしてそのご縁を深めてあなたにとって大切な方と結ばれていくこともあるでしょう。
あなたがそのご縁を深めて健やかに成長なさっていかれますことを心よりお祈り申し上げます。


質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。
私はこの世で嫌いだと思う人はいない、と勝手に決めつけていた、いや言い聞かせていたようで、いざ嫌いだと思う人が目の前に現れた時に素直に嫌いと認められず、その際にこのような複雑な感情が芽生えてきたのかもしれません。
相談してみて、誰にでも嫌いな人はいると知ることができて気が楽になった気がします。
そして確かに私もそのような仕草をする時もあるので、まさにその通りだと思いました。
機会があったら勇気を出して話しかけてみてみれば、案外気が合うかもしれませんね。
相談できて本当に良かったです。
本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ