皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

今出来る事とは...?

私は将来、浄土宗のお坊さんになりたいと思っています。その為には、今の内からやっておくべき事は有るので御座いましょうか。
私は、今は高校生で、将来、大学に行ったら仏教を学びたいので、大学受験に向けた対策をしておく事、そして、日頃から“仏になる事”を意識しながら過ごすのを心掛ける事は行っているのですが、それ以外にも、しておくべき事は有りましょうか。
因みに、正座の練習や、『般若心経』の誦経、読経(所詮は素人の真似事かも知れませぬが)も行っているのですが、其れ等は将来、役に立ちましょうか。
これを御覧になって下さっているお坊様、教えて下さい。どうか、宜しくお願い致します。

お坊さん
有り難し 3
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お坊さんとは何でしょうか?

ご質問拝読させて頂きました。
今されている事は充分に役立つとは思います。浄土宗は三部経を重んじるので、あまり般若心経は読まないとは思いますが、一つの思想として勉強すべきものかと思います。
勉強はどうせ大学でやるので、今は何の為にお坊さんになるのかを考え、ブレない信念を定めた方が良いかと思います。
お坊さんとは出家という言葉が指すように、世間の価値観から離れ、幸せを追求する生き方です。決して職業ではありません。そして、お釈迦様が説かれた法(人間としてより良く生きる為の教え)を広める事がライフワークだと思っています。
また、お坊さんはサンスクリット語で「比丘(びく)」といい、乞食という意味です。お布施を頂戴し、生かされているからです。これを忘れて謙虚でなくなれば、お坊さんでは無くなってしまいます。
世の中には間違ったお坊さんも沢山います。しっかりとお坊さんとは何かを考え、勉強して、悪い方に染まらないようにされて下さい。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとう御座います。
改めて、“お坊さんとは何か”を考えてみます。
合掌

関連する問答
このページの先頭へ