皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

努力とは

はじめまして。先日、お寺の会に初参加させていただきました。
お経をみなさんと一緒に唱え、その後にお坊さんからのお話をいただきました。

その中で、「今日ここでお経を唱えたからといって、みなさんの悩みや、起こるかもしれない災いなどが無くなるという訳ではありません。仏教の道は厳しいのです。お経を唱えたことで、災いがこのくらいで済んだ、この程度で済んだ、という捉え方をして下さい。あとは努力をする事です。」
とのお話がありました。

仏教の世界でいうところの努力とは、どのような事をすれば良いのでしょうか。
あまりにも幼稚な質問で申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

仏教
有り難し 15
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

仙如

こころを清らかにする道

ロバ美さん

はじめての「お寺の会」でよいお話をいただきましたね。努力とは、自分の行為に因った結果を得るという考えからいえば「善い原因を作る」ことだと思います。善いことをすれば善い結果を得るからです。ところがこんな単純なことがなかなかできません。私たちは三毒(貪り・瞋り・無痴)があり過ちを冒すからです。そのために善い原因をつくるためにはこの三毒から離れる「努力」が必要になるのです。

貪りから離れるためには施しの心をもつように努力します。瞋りから離れるためには慈悲の心をもつように努力します。無痴から離れるためには真理を知るための努力をします。もっと欲しいもっと満たされたい、自分だけが得をしたいという思いから離れ、人に与えることは簡単ではありません。自分に不利益を与えた人への瞋りから離れ、そういう人にも慈しみのの心を持つことは難しいことです。わかっていてもやめられない自分の愚かさを超えることは並大抵のことではありません。

心を清らかにしないとなしえないことです。それが仏教の努力です。だからお経を唱えていも心が貪瞋痴で汚れていれば悩みはおこります。また自然災害は自然界のシステムのなかで起きているのでお経ではなくなりません。

自分をみつめ自分を知り自分の心の汚れを見つめること。それは簡単なことではありません。とても難しいことです。でも欲や怒りを超え心を清らかにするということは人間にしかできない仕事です。人間に生まれてきて仏教に出会えたからその努力ができるのです。このチャンスを逃すことなく仏道修行に励んでいきましょう。拙い説明ですが、今後も「お寺の会」に参加して、このご縁を大切にしていただきたいと思います。仙如

回答僧

円通寺

邦元

努力とは修行と考えて良いのでは

そのお坊さまがどんな気持ちで言われたかはわかりませんが、私なりに解釈すると、努力とは修行のことでしょう。
つまり、修行とは、あなたがお経をあげていた時のように、ただ声を出し唱えること。意味を考えたり声の良し悪し、周りの人のことなど考えず、ただただ、声を出しているだけの今の様子に生きることです。そうした様子で24時間生活することが、修行というのでしょう。

目を使いただ見るだけ、善悪、損得も考えずその様子にいること。耳を使いただ聞く、鼻を使いただ香りを感じ、舌を使いただ味を知る、美味しいまずいなどの評価はしない、舌の働きに学ぶのです。体の感覚、触った感覚にいること。

私たちの体の働きは全てその時、その場の様子に触れ、そして綺麗に跡形も残さず消えています。そこに学ぶのです。

やってみてください^ ^


質問者からの有り難し - お礼

邦元様

早速のご回答をありがとうございました。

身体の働き。その時、その場の様子に触れ、そして綺麗に、跡形も残さず消えている。そこに学ぶ。

簡単なようで、とても難しい事だと思いました。どうしても雑念が入りますし。
でも、だからこそ修行であり、そこから学ぶ事がたくさんあるのでしょうね。

実はその会でお経を唱えた時に、突然胸の奥から熱いものが込み上げ、涙が止まらなくなってしまいました。初めての事でびっくりしました。これもやはり、身体の働きですね。

初めから24時間は難しいので、1日の中で、身体の働きに学ぶ時間を設けて、少しずつやってみようと思います。

どうもありがとうございました!

仙如様

ご回答をありがとうございました。

欲や怒りを超えて心を清らかにするということは、人間にしかできない仕事。

スーっと胸の中に入ってきました。
自分を見つめ、自分の心の汚れている部分を知る事は、仙如様が仰るように、とても難しい事だと思います。けれど、良い部分も悪い部分もすべてを受け入れ、そのうえで心を成長させるための努力をすることは、自分を知っているからこそできるのだろう。だとしたら、やるしかないですよね。

せっかく仏教とのご縁をいただく事が出来たので、日々努力をしていきたいと思います。
とても有り難いお話を、どうもありがとうございました!感謝いたします。

関連する問答
このページの先頭へ