皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

前向きに生きていきたい

主人の不倫により、別居中です。
離婚を切り出されました。その後、相手と別れた!子供の為にもやり直したい。と言われ、私
にも至らない点があったはずと考えて、一から家族でやり直そうと思いました。
が、話を聞くと女性の事は忘れられない!戻っても、また同じ事をしないという自信はないとの事で、また裏切られた気持ちになってしまいました。
この経過で、離婚に向けての話を進めていく事になりました。
8月には不倫相手が主人の子供を出産します。

主人の事、大嫌いになれたら楽だなと思いますが、今までの事感謝もしていますし、なかなか嫌いにはなれません。
夫婦としても子供の父親としても、失いたくないとの気持ちで執着してしまっているのでしょうか。
主人からの愛情はもう感じません。

今回の裏切りを許すこともできずにいます。子供と3人で生きて行くために前を向きたいです。

私も、主人との子供がほしいなと思っていたら、不倫相手が妊娠、出産。
虚しいです。想像すると、胸が苦しいです。

許すことをしたら、自分も前向きに生きていける!と本でみました。
言霊があるならば、、と、大丈夫、大丈夫。これも自分も成長の過程だから、今から良くなる!!と毎日言い聞かせていますが、、何か他にも前向きになれる方法はないでしょうか。

子供の為にも、私の為にも、明るい人生が待っているでしょうか。
人間不信の状態ですが、今後また人を信じ愛する事が可能でしょうか。

気持ちを吐き出しながらで、整理のつかない文で申し訳ありません。

夫婦関係
有り難し 5
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

徹底した未来志向で臨んでみては如何でしょうか?

あかまま さん相談ありがとうございます。
私は、頑張っているあかままさんは、素晴らしいと思います。
ご主人の不倫、不倫相手の妊娠、一度は・・でも離婚へ
それでも、「今までの事感謝もしています」と思い
子供と前を向きたい!との思い、
その気持ちは、お子様にきっと伝わるでしょう。

で、「何か他にも前向きになれる方法はないでしょうか」
とのことなので、一つの考え方として、
未来志向を取り入れてみては如何でしょうか?
今日までの過去の事は、苦しかった、辛かったと思いますが
それは後から振り返るとして、
一年後、五年後、どんな明るい状況で、環境で居たいか?
徹底的に、感じてみます。雰囲気、色、匂い、などなど五感をフル活動させて
まず一年後、お子様とどんな家庭で、明るい笑顔が溢れているのが理想か!
理想を想像して、深堀して、心一杯に充分に感じてみます。
感じて、感じ切ったら、今、現状そこに向かって、何ができるか、
考えてみます。そして一歩踏み出すことを実践していきます。
一年後のそれができたと感じたら、五年後も描いてみましょう!
いきなり五年後は、難しいかもしれませんが、
一年後を毎日意識して実践していけば、やがて描けるようになります。
つまり、未来志向から、今ここの一歩を、マイナス思考を入れずに実践するという方法です。

お子様には、過去のことを、毅然とした態度で、冷静に、私メッセージでお伝えすることをお薦めします。例えばですが
「お母さんは、お父さんと上手くいかなかったけど、前を向いて
一生懸命生きていこうと思うの。だから淋しいかもしれないけど
お母さんと一緒に、頑張って生きていこう!
こんな時でも、笑顔を絶やさない家庭にしたいから
〇〇ちゃん、〇〇ちゃん、助けてくれるかな。
お母さんは、それがとても、助かります。嬉しいです。」
それで、お子様がお手伝いをしてくれた時には
必ず
「ありがとう、お母さん助かるわ!」メッセージをお子様に忘れずに伝えれば
お子様も、最初は慣れなくて辛いかもしれませんが、お母様の私メッセージの勇気づけ
「お母さん(私)は、〇〇ちゃんが、〇〇してくれて助かるわ、ありがとう」
の言葉を受け取って、きっと、この状況を克服してくれると思います。
是非、お子様と未来志向を共有して、みて下さい。
※コメントありがとうございます。今からプラスワンで一歩ずつ!


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
素晴らしいと言ってくださり、少し救われた気持ちです。
マイナス思考をいれずに、、、ですね。
何をするにも、夢の中までも出て、今回の出来事が頭から離れずに、常に考えている状況ですが何とか未来を想像するよう意識してみようと思います。

また、相談させてください!
よろしくお願いいたします。

関連する問答
このページの先頭へ