皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

いつか死ぬのに、どうして生きるのでしょうか。

いつか死ぬのに、どうして生きなきゃいけないのでしょうか。

私には分かりません。
死ぬのはイヤで、死にたくないから生きるだけなのでしょうか・・・。

生きていればきっといいことがある、なんて幸せな人だから言えることでしょうし、そんな保証はないのに、それでも生きなきゃいけないのはどうしてでしょうか。

必ず死ぬのに、生きるって死に向かうことなのに、その終わりの時を「今」にしてはいけないのは、何故なのでしょうか。

曖昧な質問で申し訳ありません。
どんなことでも構いません。どうかお教え下さいませ。
宜しくお願い致します。

生きる意味
有り難し 27
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたの意識が生きているのではなく

私も死のうと思った時同じようなことを考えました。
ですが、実は人間とは「自分自分した意識」がこの身体・心身・肉体に👻憑りついているような存在なのです。
あなたが「死にたい死にたい」言ってたって、自殺するその瞬間も呼吸は自然になされて心臓は自然に動いてくれています。
あなたの意識が主人公ではなく、あなたの身心があなたの命の本当の主人公なのです。
坐禅は、この自己の本来性を明らめるものです。
あなたが、この身体・自身に「アタシはこうしたい」「アタシはこうしたい」と思っていても、生命活動はまるであなたの意識とは別行動、別活動、別のありかたをしているという事をたった今、よく観察してみてください。
そうです。
あなたの主人公はあなたの「意識」ではないのです。
意識は暴れん坊将軍です。
好き勝手な妄想もすれば、凶悪犯罪者のようなこともしでかせば、自分の自然な働きとしての生命活動をわがまま勝手に終わらせてしまおうとすらするものです。
この身心のハタラキや活動は、自分の意志とはまるで無縁に今も動いているでしょう。
決まりがないのです。
そして、とどまりなく、前のことをすっかりきれいに洗い流して生活しています。
さっきまで「死にてぇ」とこだわっていたことも、新しいことに心が向けばその執着はすぐに解けてしまうもので、何も、無理に今から死ぬ必要性すらないのです。
「こうしたい」「こうすべきだ」「こうであってもいいじゃないか」というのは、人間の自分自分した自我意識のハタラキなのです。
自分自分した自我意識と、あなたの呼吸とは全く関係がなくスーフー、スーフーと無意識に繰り返されている、繰り返されてくれている「やさしさ」に耳を傾けてみてください。
ああ、この私の体は私の思いからも自由だったんだ、
ああ、わたしの自我意識がこの体を苦しめてしまっていただけだったんだ、と感じられるはずです。
生きたい、死にたいじゃなく、あなたの意思とは無関係に「生きてくれている」のではないでしょうか。
まずはご自身の中のあなたの自我意識とはまるで別に動いている本当の自分を感じ取ってみてください。そして、その命をはあなたの意思とは無関係に働いてくれているのですから死なせない様にしてあげてください。


質問者からの有り難し - お礼

とても丁寧なご回答を有り難うございます。
私は自分の意識を主人公に考えてしまっていたんですね・・・。
確かに、私がどう思おうと生命活動を続けている・・・。
自分がどんなに自己中心的なことを考えているのか、気が付いていませんでした。

「この私の体は私の思いからも自由だったんだ」というお言葉に、涙が出ました。

誰にも言えませんでした。
本当にありがとうございます。
自分勝手な考えを改められるようにします。

とても丁寧なご回答を有り難うございます。
私は自分の意識を主人公に考えてしまっていたんですね・・・。
確かに、私がどう思おうと生命活動を続けている・・・。
自分がどんなに自己中心的なことを考えているのか、気が付いていませんでした。

「この私の体は私の思いからも自由だったんだ」というお言葉に、涙が出ました。

誰にも言えませんでした。
本当にありがとうございます。
自分勝手な考えを改められるようにします。

関連する問答
このページの先頭へ