皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

死後の世界について

過去に似た質問があったらすみません。
こんにちは、私は27歳の一児の母です。
私は高校生くらいのときから、
寝る前に、自分が死んだ後の世界について
考えて、怖くて眠れなくなることが
よくあります。寝室で、恐怖で叫んでしまうこともあります。私達は、
当たり前に回っている地球の、ほんの
一瞬を生きているだけで、私が死んでも
世界は回って、過ぎていきます。
何が言いたいかというと、つまり
死ぬのが怖いのです。人が死んだら、
どうなるのですか?
魂と肉体が、とか言いますが、
脳の働きで精神と自我があるだけですよね。
死んだら無に還るのですか?
お坊さんだからこそ、
お聞きしたいです。
よろしくお願い致します。

運命・見えない力
有り難し 28
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

空間としての私

自我=私です。ですが仏教では、無我を説きます。私はない。

わたしとは、コップみたいなものだと思います。「器」。ですが、自我は「私あります!中身入ってます!中身が私です!」と主張します。ですが無我です。空なんです。あるのは「空間」だけです。

死ぬというのは、器が無くなるだけです。入れ物が朽ちてなくなるだけ。中にあった「空間」が器の外に、全体の「空間」に溶け込むような感じなのかなと思います。空間が空間に溶け込む…。

死ぬのを怖がっているのは自我です。生きている間に自我としての私だけでなく、「空間」としての私に気付くことを仏教は勧めているのだと思います。私は今のところそう考えております。

追伸

わかりにくかったですね(^^;すみません。
魂というと梅干しの種みたいに一人一人の中にあるイメージですよね?そういうものではないです。
あるお坊さんが私たちを波と水に喩えてます。
私たちは、自分を波だと思って生きています。小さい波大きい波、速い波遅い波、お互い比べながらそれぞれの波を生きています。別なものとして。ですが、水面下では同じ「水」として繋がっています。波が終わるとわかります。全て同じ水に帰る。そしてそこからまた波が生まれる。

考えるとややこしくなるのだと思います。思考は白か黒かはっきりさせたがります。あるかないか。生か死か。
そんな頭にわかりやすいように情報化された概念的なものではなく、もっと自然なものだと思います。人間もザ自然です。

死んでも無にはならないです

拝読させて頂きました。あなたのおっしゃる思いはもっともです。
死ぬのは怖いですからね。それは誰だってそうです。

死んだら私達は全て残していかなくてはならないです。
私達はその後でさまようことになりますが、仏様はその様な私達を導いてくださいますからね。

仏様にどうか私を仏様のもとに導いて頂きます様に、そして仏様のもとに生まれさせて頂き親しい方々に再び巡り会わせてくださいと心から仏様にお願いなさってお念仏おとなえすれば間違いなく仏様は私達を導いてくださいます。
そして仏様のもとにて私達は親しい方々に再び巡り会うことができるのです。
あなたもどうか心から仏様にお願いなさって頂きお念仏おとなえなさってくださいね。
南無阿弥陀仏

あなたがこれからの人生をお健やかに生きていかれ、そしてそのその生命を全うなさる時には必ずや仏様にお導きお受け頂き、仏様のもとに生まれ変わり心から安らかになられます様にとお念仏おとなえさせて頂きます。
南無阿弥陀仏

心相続

あおちゃんママ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

死しても「これが自分です」と言えるような永久永遠に変わらない独立自存の何か実体的なものがあるわけではないのですが、かといって、何もかもが無くなり、虚無・絶無となるわけでもありません。

では何があり得ることになるかと申しますと、この今あるような粗い肉体や粗い意識に左右されるようなことのない、微細な意識の連続体が存続していく(心相続)ものであると考えることになります。

この心相続上における過去世・今世の業・カルマの因縁(原因と条件)により、いずれの死後の赴きもやがて決まっていくことになります。

できる限り仏教を学び修することにて、業・カルマをより善い因縁に調えていくことによって、より善い赴きへと向かって参りたいものでございます。

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

川口様
早速のお答え、誠にありがとうございます。
前世や、カルマについては、
川口様の仰る心相続という考え方が
前世の存在を肯定しているように感じます。
今世のカルマを見極めて生きていきます。

Kousyo様
お答えありがとうございます。
生まれ変わることが前提であると
解釈し、中間生記憶の話を
思い出しました。死後は
仏様にお会いできる存在に
なりたいものです。

宗像様
お答えありがとうございます。
自我とは何か、というお話で、
死とは自我の終了であると感じました。
空間としての、のお話は少し
難しかったのですが、魂とは
ちがうのでしょうか?

関連する問答
このページの先頭へ