皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

永遠

目標100%達成したら120%やれと言われた。終わりが見えない。

学校・会社・働く
有り難し 18
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

もう次のターンが始まっている

こんばんは。お久しぶりです。最近は書籍でも流行の、「長いタイトル」を付けてみました。
 あらまぁ、その上役の方、お上手じゃありませんね。イジメとか言う程には意図的でないにせよ、部下を育てるのがおへたくそ。
 目標が数字などで示され、それを100%達成したら、それを本人と一緒に確認して大喜びすればいいのです。「よくやった!」って。それを経ずに次のターム「前回の2割増し」に入ると…多分次のパフォーマンスは落ちるのです。「どうせ、次は120%の120%って言われるんだろうな…」と相手が目標を疑うから。で、達成できたか否かに係わらず、喜び抜きで次のターンへ突入。「じゃ、今度はお給料も2割増しでよろしく!」と言えるならば、その上役に乗ってもいいですけれど、それが期待できないならば。
 100%達成したことを、自分でお祝いする。上役に評価される前に、自分で「やった!」と自分を認める。一区切りつける(あなたの言う、「おわり」ね)。器の小さい人に認められるよりも、自分に認められる方が先々の力になります。目標が掲げられているということは、上役が何と言っても客観的に結果が出ている訳ですから、それをしっかり認める。
 あなたがスーパー社員とか昇進を望むなら、101%を狙うといいです。ほんの小さなプラスアルファを、その替わり何回も、いつも。いきなり120%を達成するよりも、101%を10回達成した方が、貴女の力になります。
 ということで。
 目標達成100%、おめでとうございます。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。

頑張った自分をほめてあげます。1%ずつあげていきます。期末まであと15日。

お返事ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ