皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

結婚を反対されていても…。

40代男性と七年の付き合いの果て、結婚することになりました。互いの両親に会いましたが両家の親は顔合わせしたことがありません。理由は私の両親が結婚に反対しているからです。理由は、両家に格差があり、家柄が違いすぎる事が理由のようで、私の親が顔合わせを拒んでいる状況です。
もう1つは彼の仕事について
元々パチプロで何十年と働かずにパチプロで生きてきた事。私と出会い仕事につきましたが辞めてしまいました。最終的に税理士を目指していたので何度か試験は受けましたが不合格、最近は会社を設立し運営しています。
同棲して半年経つ今、婚姻届をだす予定ですが今後の事を考えると憂鬱でしかたないです。両家の親が顔合わせなしに事が進むこと、私の親が置き去りになること(相手の親戚には私と彼だけ御披露目…という形で紹介していくそうです)私と親の溝が深まる心配…。父親はいつでも帰ってこいと言ってはくれているのですが…彼との生活は問題なく今までも私に頼ってきたことは一度もありません。会社を設立する前も税理士事務所で二年働くことができました。今も自分の会社と兼業しながら働いてくれています。
様々、両親を説得してきましたが、歩み寄ってくれる事はありませんでした。
こんな私を受け入れてくれている相手の両親に頭はあがらず、自分の両親にも祝福されず毎日憂鬱でどうやって今後生きていけばよいのかわかりません。自分勝手に生きられません。
両家の顔合わせなしで、一生お互いの家に亀裂がはいったまま過ごさなければならないのでしょうか?なにか打開策はないのでしょうか…
私が結婚を諦めればいいのでしょうか…
育ててきてくれた両親に足をむけて寝れないし、彼とは仲良く生活しているし、こんな私を受け入れてくれている相手の両親にも頭があがりません。
私は一体どうしたらよいのでしょうか…

家族親族
有り難し 1
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

祈ることです

アヒルさん、はじめまして。質問を拝読いたしました。

アヒルさんは40代の男性と結婚することになりましたが、アヒルさんのご両親が結婚を了解してくれないのですね。アヒルさんは育ててくれた両親に足をむけて寝ることができないし、彼とは仲良く生活している。アヒルさんを受け入れてくれている彼の両親にも頭があがらない。どうしたらいいのか分からなくなっているのですね。

私の個人的な意見ですが、アヒルさんのご両親に対して祈るしかないだろうと思います。

高野山を開いた空海も順風満帆な生涯ではありませんでした。
叔父のコネで入学し、卒業後は中央官僚になることを約束され、一族のホープであったにもかかわらず大学を勝手に中退してしまいました。空海は山岳修行に入ります。両親にとってみれば「何と親不孝な息子なのか!」と憤ったことでしょう。
結果として、空海は日本で真言宗を打ち立てます。しかし、晩年まで親には理解されなかったであろうと推察します。

空海は好んで親不孝な行動に走ったのではありません。人々を救うために仏教の道を志したのです。空海が書いた本(出家宣言書のようなもの)で,こう言っています。
「親孝行ができるのは両親二人だけ。仏教を志せばすべての人に孝行ができる。親孝行は小さな孝行であり、仏教を究めることは大きな孝行である」

アヒルさんも、ご両親に対して大きな孝行ができるよう祈り続けていくことができるよう祈念しております。


質問者からの有り難し - お礼

ご回答、ありがとうございました。
祈る…ということは、時間が、時が解決してくれるのを待つということなのでしょうね。
親孝行できるように精進していこうと思います。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ