皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自死をされた方と影響について

先日ご相談させていただいた娘との件は何とか落ち着きました。
娘は、一人立ちを目標に貯金を始めるようです。
ありがとうございました。

さて、本題です。
先日の相談で少し触れたのですが、私が勤務するとある施設の利用者の方が自死をされました。
長年の重度のうつで、ご家族、ご自身色々な問題を抱えていらっしゃいました。
関係者、各機関で、意見交換し精一杯の支援をしていこうとしていた矢先の事でした。
支援のあり方に、自問自答するばかりです。

当日休んでいた私でさえショックが大きいのですが、現場に立ち会った職員には大きな心の傷が残っているようです。
救命処置も行ったけれど手遅れだったようです。
皆表に出しませんが、職員全体の動揺は厳しいです。

施設には夜間巡回があります。一人でです。
暗い中、その方がいたお部屋の横の廊下を通る事に、ほとんどの職員に抵抗が生じています。
皆、抑えられない恐怖感と闘いながら、巡視しています。

私は、もともと仏教に興味があり、関連する書物を読んだり、こちらの「死に関する」相談への回答を読み、自分自身を納得させるよう努めています。
自死したからと言って皆悪霊になるわけではない。
皆が怖がったら、かわいそうかな、と思ったりもします。
それでも私も、暗い廊下を巡回するのには、少し気合いを入れます。
独特な雰囲気で廊下を歩かれたり、周囲を見ずに突進するようにエレベーターに乗ってくる方でした。
夜は想像力をたくましくするので、エレベーターを開けて乗ってこられたら、とか、廊下を歩いていたら、やはり怖いだろうなあ、と考えます。
その時は「南無阿弥陀仏」と唱えてみようか、とも思ったりします。

私は、元来、幽霊の話には懐疑的なのですが。
テレビやネットなどで、死者の出た住居などを恐怖を煽るように噂話を広めます。
多くの人が、影響され想像力で左右されることは、あるのだと思います。

この自死をされた方は、家族から葬式もあげてもらっていません。
葬式は、ただの儀式に過ぎないかな、とも思っていますが。
この自死された方は、大変苦しくて苦しくての結果だったのだと思います。
今は、苦しみから解放されているのでしょうか。
皆の心配は、苦しみを現場に残していないか、という想像もあるのだと思います。

自分自身、整理ができません。
回答お願い致します。

死について
有り難し 26
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

圓常寺

聖章

念仏を唱えてください

念仏を唱えてください。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…
阿弥陀様どうかその人をお救いください、という気持ちで。

なお、死んだ場所や死に方などにはこだわる必要はありませんよ。
人は必ず死にます。その場所は人それぞれ。
その人はその部屋だったというだけの事です。
ある人は風呂場、ある人は道の上、ある人は病室、ある人は戦場、人それぞれ。
しかし、どこで命が尽きても阿弥陀様は救いに来てくれるのです。どんな死に方でも救いに来てくれるのです。
そして、病の無い極楽浄土に連れて行ってくれるのです。

今頃はその人は極楽浄土からあなた達を見て、生前の恩に感謝していると思いますよ。

南無阿弥陀仏

追記
職員の方など不安を感じる方には、南無阿弥陀仏と唱えることを勧めてあげてください。
その方が日蓮宗なら、念仏よりもお題目の方がいいでしょう。

大丈夫です!

拝読させて頂きました。聖章 師がおっしゃるようにただただひたすらに一向に「どうか阿弥陀様その方を正しく仏様の極楽浄土にお導きなさってください、そしてその方を極楽浄土に生まれさせて頂き、心から安らかになられます様に心からお願い申し上げます。」と願い、南無阿弥陀仏とお念仏おとなえなさってくださいね。

ときところを選ばずにその方を思いお念仏おとなえなさってください。

私もその方を思い南無阿弥陀仏とお念仏おとなえさせて頂きます。

必ずやその方は仏様の極楽浄土に往生なさり心穏やかになられてあなたや皆さんをお見守りなさってくださいます。

どうかご安心なさってくださいね。

あなたが毎日を健やかにお過ごし頂きます様にとお祈り申し上げます。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
その方が心穏やかに過ごせていますように願います。
少し気持ちが楽になりました。
南無阿弥陀仏。

職員達は、なかなか心穏やかにいられないようです。
そして、現場に居合わせ、救命処置を行った人が、昼夜、場所を選ばず恐怖感と緊張感と闘っています。
日中を問わず自宅でも職場でも、その方の声を聞いたり、眠れなかったり、続いているようです。
責任感が強く、その後も休んでいません。
元々霊感が強いと言われていました。
実際、映像を目の当たりにした方は、難しいだろうなあ、と思います。

なかなか気持ちの落ち着かない職場と、職員と、恐怖と緊張と闘っている職員のために、南無阿弥陀仏と唱えていたら、やがては落ち着いていくのでしょうか。

お忙しい中ご回答くださり、ありがとうございました。

ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ