皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自転車操業状態の生活を変えたいはずなのに変えれない。

事の始まりは、去年の誕生日に奮発して買い物をしたら、その数カ月後クレジットカードの返済がどどっと来て、それを親族からお金を借り始めた辺りからです。

今は派遣社員として働いていますが、結局どこに勤めてもあまり長続きしません。今回も自分の技術力の未熟さや、会社に迷惑を掛けている自分に罪悪感を感じ、自分から派遣会社を通して辛いという気持ちを伝えて、今月いっぱいで辞めることになりました。

また次の就職先を探さなければいけないわけですが、なかなか決まらないと同時に、また今回みたいに長続きしないのではないだろうかと思う次第です。

なおかつ、お金が殆ど無いのに、自分が不安になるので必要なものを買うために、結局クレジットカードで買い物をするという生活をしていて、自分でもなんでこうなったのかよくわからないまま、イライラしつつも、
「去年の行いが悪かった因果応報だ」
と自分に言い聞かせています。

なるべく腐らないように(ニックネームは腐ってますが)技術関係の勉強会に参加したり、そういう場で発表や質問をしたり、ボランティアで子どもたちにコンピューターでの創作(主にプログラミング)の楽しさを伝える事をしていたりもします。

そういう時――お金のでない仕事(?)――の時は生きがいを感じるのですが、いざ仕事になると全然やる気も出ないしついでに思考制止して全然手が動かない。そして居眠りする。というような日々を過ごしてしまっております。

人の役に本当に立てること――責任の有る仕事、お金の出る仕事――は全然精力的に取り組めない(取り組んでいない?)のに、それ以外ではイキイキしている。

なおかつ自分が満たされている自覚がなく、煩悩の向くままに買い物をしていたり。こんな人間じゃ仏様もお釈迦様もとっくに見捨ててるのではないか、苦海にそもそも畔なんて無いんだと、半場人生そのものを諦めている節があります。

今自分が何をするべきか、何から片付ければ良いのか正直わかりません。惑乱してると言われたらその通りでしょう。

まず、何から片付けるべきか、始末をつけるべきか。
また、どうしたら自分を制する事ができるか。

普通の人なら自分で解決できることだとは思うのですが、何か説教あればよろしくお願いいたします。

後悔・自己嫌悪
有り難し 5
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

努力次第で未来は開ける

あなたの場合、まずクレジットカードを使うことを止めましょう。クレジットカードは魔法のカードではありません。借りたお金に利息を付けて先延ばしにするだけです。結局は自分の足を食べているようなものです。
ボランティア活動が人の役に立つことで、仕事は人の役に立たないという考え方は間違いだと思います。ボランティア活動をやれるのは、自分が食うや食わずの生活をしていないということがあります。
企業は従業員を雇用することで従業員の生活を守り、社会の役に立つ事業をしているからこそ継続して存在するのです。まず、何が何でもこれからやる仕事を2年続けるという覚悟をして下さい。
人は自分を追い込まないと出来ない場合があります。何があろうと続けるという決意を持ってやって見て下さい。その中で得ることがきっとあるはずです。あなたはまだ若いのですから、これからの頑張り次第でいくらでも未来が開けて来ると思います。


関連する問答
このページの先頭へ