皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

お不動様の言う「悪い方向」、「正しい方向」って??

 いつもお世話になっております。
今日、新しいお寺の道内案内に参加して、疑問がすっきり晴れました。「無職だから、障害持ちだから、弱いから救われない、寺に来てはいけないなんてことはない。境内歩ってるだけで坊主や寺務員に睨まれた?うちはそんな所じゃあないから、またいつでもいらっしゃい」お坊様から暖かいお言葉を頂きました。

 「お不動様は、私たちが悪い方向へ行きそうになった時に無理やり縛り上げてでも正しい方向に導いてくれる。目や牙が上下両方を向いているのは、上も下も差別なく救い導いてくださるという心の現れ」
 と教えてくださいました。ここでもそう教えを頂いております。

 さて、そこで疑問です。お不動様のおっしゃる「悪い、間違った方向」と「正しい道、方向」とは、どのようなものなのでしょうか。
 
 ご教授のほど、お願い申し上げます。

運命・見えない力
有り難し 9
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

「正しさ」には要注意

新しいお寺で素敵なご縁に恵まれてよかったですね。これからも共に学びを深めて参りましょう。

さて、「悪い、間違った方向」と「正しい道、方向」についてですが、私はお不動様の教えについて全く詳しくはないのですが、仏教でいう「善悪」とは世間の善悪とは違います。

正覚(さとり)や涅槃に近づく方向が善で、遠ざかる方向が悪と考えてよいかと思います。

そして気をつけなければいけないのは「正しい道、方向」に導いていただいたとしても「私が正しくなるわけではない」のです。
正しいのは仏であり、法です。私が「正しさ」を握りしめた時、その正しさには当てはまらない人は「正しくない人」になってしまいます。だれかが排除されるような正しさが本当の正しさであるはずがありません。

ですから、どこまでも私は法により「正しくない私の姿」を知らされるという形で正しい方向に向かっていくのだと思います。

悪を自覚しないものは自分を立てます。悪を自覚するものは法を聞きます。法を聞くところに「上も下も差別なく救い導かれる」世界が開かれてくるのでしょう。

合掌


質問者からの有り難し - お礼

吉武 文法 先生
ご回答ありがとうございます。
仏教で言う善悪は世間の善悪とは違う。
そのお言葉を聞いて、本当に安心しました。
あの寺!あの坊主は、「強く指導された程度で学校や仕事をやめるのは、弱い人、そんな子どもを育てないように」の宣い、
寺務員や小僧はある時から急に、境内を歩く私をすれ違いざまに睨むようになりました。
本当に束の間でも疑問を抱きお尋ねして良かったと思っています。
あんな薄っぺらな教えじゃない、仏教は他を排斥するような教えじゃぁない、そう信じて疑わなかった事は正解でした!!

関連する問答
このページの先頭へ