皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

父の死を受け入れられずにいる娘

2006年10月、くも膜下出血で主人は突然死しました。高校生だった娘は修学旅行中の出来事でした。以来、娘はお仏壇に手を合わせることもまともにできずにいます。このまま様子を見守るだけでいいのでしょうか?

出産・子育て
有り難し 3
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

第3者から助言を受けてはいかがでしょう

拝読させて頂きました。ご主人様のこと心よりご供養させて頂きます。
南無阿弥陀仏
ご主人様は仏様のもとにて心安らかになられて必ずやご家族の皆さんをお見守りなさってくださっていらっしゃいます。
ご主人様とのご縁はこれからも続いて参ります。

娘さんには今もお父様が亡くなられたショックを受け入れることができずに深い心の傷となっていらっしゃるのかもしれません。大切な方の死を受け入れることはとてもつらいことかと思います。
もし可能であるならば菩提寺のご住職様やお坊さんに娘さんがお話しなさり、娘さんの思いを聴いて頂いても良いかと思います。家族ではなかなか話せない心の中の積もり積もった思いを信頼おける第3者の方に聴いて頂くだけでもだいぶ気持ちは変わるものです。また可能ならば適切な助言など頂くこともできるのではないでしょうか。
或いはここhasunohaの質問を娘さんがなさって頂くことも良いのではないでしょうか。一人だけでなく様々な方々からアドバイスやサポートを受けることで少しずつ心はしこりが取れていくのではないかと思います。
決してあせることなく感情的に怒ったり追い詰めたりすることなく少しずつ心の傷を癒して頂きたいと思います。
娘さんがいつの日にか素直なお気持ちでお父様にお向き合いなさり真心込めて手を合わせてご供養なさって頂く日が訪れます様にと心より私は仏様にお祈りさせて頂きます。


関連する問答
このページの先頭へ