皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

挨拶

町ゆく人が挨拶のために目を合わせてくれるようになるにはどうすればいいですか?

他人・友人関係
有り難し 22
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

やさしいお声かけ

視線は言葉なき言葉とも言えます。
目は口程にものをいう。
その人が言葉を発していなくても無言の言葉を読み取れる人もいます。
あなたの態度や表情が警戒されているのでしょう。
そもそも動物の世界では目を合わせることは戦闘の始まりにもなりますから、そもそもが見知らぬ人に眼を合わせようとすること自体が少ないものです。
人間は嫌なことや関わりたくないことには文字通り目を伏せ、目をつぶります。
神話で神さまが岩の中にこもってしまって、楽しそうな事をしていたら出てきたという話がありますように、楽しいことには人は関心を寄せます。反対にそういうのを嫌う人もいます。
あなたが「何をしようとしているのか」がわかりかねますが、「こうさせたい」と思うこと自体が、人ではなくあなたを大切にされているように感じてしまいますが、思い当たる点はありませんかね?
「わたし」が前面に出過ぎていると人は距離をもちます。動物すらよってきません。
自分自分した自分をなくしてみてはいかがでしょうか。

自分から率先してあいさつする

自分から率先して相手の目を見て、元気に気持ちよく挨拶することです。そうすれば、自然とあいさつが返って来るようになります。繰り返すうちに目も合うようになると思います。ですから考えるより先に行動しましょう。ただし、あまり人通りが多いところでは無理ですので、場所を選んであいさつして下さい。仏教ではこれも布施の一つと捉えます。


質問者からの有り難し - お礼

弱すぎて、自分を大切にする部分を持った方がいいと思えるところがあります。自然な雰囲気になれますように。ありがとうございました!ff

弱すぎて、自分を大切にする部分を持った方がいいと思えるところがあります。自然な雰囲気になれますように。ありがとうございました!ff

弱すぎて、自分を大切にする部分を持った方がいいと思えるところがあります。自然な雰囲気になれますように。ありがとうございました!ff

関連する問答
このページの先頭へ