皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

私が生きる理由とはなんなのでしょうか

初めまして。私は女子高校生で、受験勉強をしなければいけない学年です。

中学生のとき同級生とのトラブルで数ヶ月不登校になったことがあり、
勉学も追いついていない、先生には気を使わせる、その他諸々の迷惑をかけていて、もちろん秀でたところは何一つなく、
そんな自分自身に一番嫌悪感があります。

それもあり、度々薬を大量服用して自殺を図ろうとしたり、自分自身を様々な方法で傷つけたりし、我に返った時それを悔やみ泣き続けるばかりの毎日です。

そこで、「もし私自身が存在していなければ、家族、友達、先生、その他関わった人全員が幸せだったのでは?」と思うようになりました。

家族全員が私の自慢であり、友だちも全員素晴らしい人です。

それなのに家庭の雰囲気が悪くなることがあるのは、全て私が原因であり、また学校でも私がいなければ先生の悩みが減り、友だちももっと素敵な毎日を送れていたでしょう。

私がいることでの周りの人のメリットは何一つなく、また私自身も辛くなるだけなのです。

死ぬことでも迷惑をかけるのだから、いっそこのまま消えてしまいたいと暇さえあれば考えています。

ですがもちろん無条件に消えたいわけではなく、一つでも私がいることで何か変わるなら精一杯生を全うしたいです。

そのような理由は存在するのでしょうか。それとも傍目から見ても全くありませんか。

会ったこともなく、文章だけでこのようなことを質問するのは大変申し訳なく思っています。

読みにくい文章ですみません。

後悔・自己嫌悪
有り難し 72
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

死にたくなるほど、辛い思いをたくさんされてきたのですね。
よく今日まで生きていてくれたなぁと思います。
あなたは「悪いのは全て私のせいではないか」と思われるのですね。

同じとは申しませんが、わたしも「全てわたしが悪い。わたしさえいなければ全て良いようになっいく」と思って苦しんだ時がありました。

そんな時にある人が言ってくれた言葉にハッとさせられました。それは、「全て自分が悪いと思うのも自惚れだよ」ということばです。

人はそれぞれの思いや考えをもって生きています。そして、一人一人がそれぞれの人生を歩んでいるといえるでしょう。自分の人生を誰かが代わりに歩むことができないように、あなたが誰かの人生の全て担ったり、全面的に影響を与えることはできないのかもしれません。

だから、人の人生や思い、考えの責任まであなたが背負うことはないのですよ。

もう一つ。あなたはご自分に秀でたものはなにもなく、誰かに迷惑しかかけておらず、メリットはひとつもないとおもっておられるのですね。
それはそのまま、生きている意味を見出せないことに繋がっているようです。

仏教では「無用の用」(むゆうのゆう)という言葉があります。働きのないものの働きという意味です。
わたしは猫を飼っています。まだ、一歳にもなっていない子猫です。
猫をみていると教えられます。猫はなんの役にも立たないし、仕事の邪魔も平気でしてくるし、爪をガリガリといで、辺りを傷つけまくるし、おかげで障子はバリバリです笑。

でもね。わたしにとってはかけがえがないのですよ。ただ側にいるだけで心が癒されるのです。
あなたもそうです。ご家族やお友達、あなたの周りにいる素敵な人たちにとって、あなたがただ側にいてくれることがとても大事なことなのだと思います。

周りにいる人を自慢である、素晴らしい方々とおっしゃることのできるあなたをわたしは素晴らしいと思います。
どうか、その思いを大切な人たちに伝えてあげてくださいね。
きっと、そのことが周りの人たちの喜びになっていくのだと思います。

生きる意味

拝読させていただきました。

生きる意味ですが、客観的に決められた「これが生きる意味です!」という答えのようなものはないと思います。もしそんなものがあるとしたならば逆に窮屈ですよね。それ以外は不正解になりますし、そうは思えない!っという人が必ず出てきます。

じゃあ生きる意味はないのか?っというと、「ない」ともいえますし、「ある」ともいえると思います。なくてもいいし、あってもいい。

…そもそも「意味」ってなんでしょう?意味って言葉ですよね?意味って、頭で考えた結果です。物事を2つに分けて比べた結果、こっちに意味があると。で、こっちには意味がないと…。

そんな薄っぺらいものでしょうか?そんな私の頭で勝手に決められるものでしょうか?

私たちって、良い悪い好き嫌い損得って勝手に分けて片方を選んで、それでいいと思って生きちゃいますけど、…ま、それでもいいんですけど、「それだけじゃない」ってことをちゃんとわかってないと、すぐ苦しくなっちゃいますよね。

「事実」はそんな2つに分けられるものじゃない。思いのとどかない、分別のとどかない、言葉のとどかない「事実」を生きてるんだってゆーことです。

私の身体の中の働きを見れば一目瞭然。私の思いどうこうではなく、一生懸命働いてくれてます。私を生かしてくれてます。その支えを感じてみては?

まずは「こうじゃなきゃだめ!こうあるべき!」と自分で決めず、自然に任せましょう。何があったっていい、どうあってもいい。全てがゆるされてます。合掌


質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。
一文一文、繰り返し読ませていただきました。
確かに、と思える的をついた返答をいただき、嬉しく思いました。
私の身体に生かされていると考え、これからも頑張っていきます。
ありがとうございました。

こんばんは。回答ありがとうございます。
そうですね…少し自惚れていたのかもしれません。
優しい文章、すごく嬉しかったです。
この文章をくださったことにまずお礼が言えましたので、これを機に家族や友人にも気持ちを伝えられたらなと思います。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ