皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自分と家族を天秤にかけざるを得ず苦しい

お忙しいところ失礼致します。
私は先日某美術大学を卒業しました。
作家活動を頑張ると決めて就職はせず、週に何度かアルバイトをしながら絵を描いています。

しかし、最近になって我が家の大人の一人として、両親の家族会議に参加するようになり、両親が老後の生活をとても不安視していることが分かりました。
私の家は父が家計を支えていますが、昔よりも小さな会社に移ったため、基本的な給料はそんなに安くないものの、毎年のボーナスも出なければ、退職金も出ないと言われています。
両親の祖父母も貧困気味なので、その面倒を見ることを考えると、とても今の貯金だけでは両親は老後暮らしていけません。

両親は私に気を遣って強く就活を勧めることはありませんが、弟(優秀な大学に入学しました)には将来高給取りになって欲しいと時々言っています。

そんな中で、私一人が夢を目指して中々お金にならない生活をしていることにとても後ろめたさを感じるようになりました。
一応私自身も一年浪人させてもらい、国内でトップの美術大学に入学し、卒業しました。
画家として活躍する先輩は「続けたもの勝ちだ」と言って今諦めることは無いと諭されます。
確かに、画家が大成するには他の仕事よりも何倍もの時間がかかるものなので今直ぐに判断出来るものではありませんが、家の状況を鑑みると博打でしかありません。

正直、自分一人で生きて行くなら人生どうなっても(最悪、野垂れ死ぬことになっても)良いと思っています。
夢を追うことも含め、自分のこれからの人生についてはそれくらいの責任を持っているつもりです。
しかし今まで健全に生きてこれたのは他でも無く両親のお陰ですから、既に私は"一人"ではありません。
両親に野垂れ死なれたらと思うと、まともに絵を描く気にもなりません。

長くなってしまいましたが、要は自分の夢と両親の将来を天秤にかけている状態で、とても苦しく、色々考えているうちに何が何だか分からなくなってしまいました。

両親の将来が心配だと言いつつ、直ぐに絵を描くのを辞めて働くという選択が出来ずに躊躇している時点で、薄情者です。
両親を出しに、夢に自信が持てないことを正当化している根性無しだとも思います。

今何を考えても気分が落ち込むばかりなので、もしこんな状態でも前向きになれる方法がありましたら、若しくは自分の夢をどう処理するベきか妙案がありましたら、是非ご教授願いたい次第でございます。

後悔・自己嫌悪
有り難し 6
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

仙如

両親のためというのなら、命がけで絵を描いてください

薄情者さん

拝読しました。あなたはしっかりと自己分析できていますね。自分の夢と両親を天秤にかけている薄情者の根性無しと。でも一年浪人してまでがんばってトップの美術大学に入学し、卒業したのでしょう。根性あるじゃないですか。就職をしないで作家を目指すという決断もたいしたものです。

そんな姿を見ているから、ご両親は就職をすすめていないのだと思います。あなたがここで、親のためといって普通に就職したら、がっかりするのではないでしょうか。一浪させて美大出した意味がないです。いま、あなたが絵を描かなくては、大変な思いをしてあなたの希望を応援してきたご両親の気持ちを踏みにじることになりませんか?いま、絵を諦めることの方が薄情者になりませんか?

「両親に野垂れ死なれたらと思うと、まともに絵を描く気にもなりません」などと言っている場合ではありません。「野垂れ死にさせない!」という強い思いで命がけで絵を描いてください。そのくらいの思いがなくてはいい絵も描けないのではないでしょうか。一浪して美大に行かせるのは両親にとっても必死の思いだったはずです。その思いに応えるには、あなたも必死な思いで、絵を描くことです。

命がけで絵を描いて、それでも大成しなくて、両親もいよいよ年老いてきた。そのときは潔く諦めたらいいのです。そうであれば、自分も両親も納得ができるでしょう。

あなたが志を貫く勇気をもって夢に向かっていかれますように。応援しています。仙如


関連する問答
このページの先頭へ