皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

不眠症は霊が原因?

お忙しいところ失礼いたします。
もしお時間がありましたら、ご回答をお願いしたく存じます。

当方、10年弱前より不眠症を患っております。
現在は重度のようで、布団に入っても数時間は眠れず、明け方に少しウトウトすることも多々あります。
全く眠れない日もよくあります。

心身ともに疲弊していくばかりです。

いくつかの病院に掛かり、あらゆる治療法を試して参りましたが、全く改善されておりません。
どのお医者さんも困り果て、既にお手上げの状態です。

これ以上多く病院を巡るほど、気力も体力も財力もなく、先日、藁にもすがる思いで行政の電話相談を利用しました。
(お医者さんに、無料で健康相談が出来るものです)

不眠についての事情を説明すると、そのお医者さんは
「霊の影響じゃないですか?」
「ときどきそれで不眠になる人いるんですよね〜」
「お寺に行ってお祓いしてもらったらどうです?」
等と仰っていました。

行政がスピリチュアル的な発言をすることには少し疑問を持ちましたが、終始「霊のせい」という主張を曲げることはありませんでした。

そこで、僧侶様方に以下の質問したく存じます。

● 霊が原因で不眠症を患うことはあるのでしょうか?

● そのような方と出会ったこと(または見聞きした確かな情報)はありますか?
ある場合は、その方はお祓いをして治りましたか?

● もし霊が原因で不眠症を患うことがある場合は、そもそもなぜ不眠にさせる霊がつくのでしょうか?
その霊は何者ですか?

質問は以上になります。
全てにお答えされなくても構いません。
何かご存知でしたら、ご回答をお待ちしております。

たたり・悪霊
有り難し 19
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

鳳林寺

光禪

ありえません

こんばんは。

 眠れないのは辛いですね。

 行政の電話相談で、お医者さんから不眠症は霊のせいだと言われたとのこと。びっくりしましたね。私はそれはお医者さんとして、行政として誠実さに欠ける回答だと思います。お医者さんとしての品格を疑います。

 もちろん、霊のイタズラで眠れなくなるなんて科学的にも仏教的にもありえません。

 私も一時期不眠で悩んだ事がありましたが、土いじり(ガーデニング)をすることで改善しました。日に当たること、体を動かすことが睡眠に結びつきます。また自然と触れ合う事は精神安定上良いと思います。

 不眠は急には改善しません。最初は何軒かお医者さんを回っても良いと思いますが、信頼できる先生にあたったらとことん信頼して気長に治療していくのが良いと思います。眠れるようになると良いですね。

回答僧

圓常寺

聖章

人間はお日様が出ている時は活動し、夜になると眠るようにできています。
おそらく夜に眠れないのは、昼間の活動量が不足しているからではないでしょうか。
眠れない時は無理に寝なくてもいいと思いますよ。読書でもして時間を有効に使いましょう。
そして昼間はできるだけ体を使う活動をしましょう。
公園や神社などを散歩してもいいし、浄土宗のお寺に行って木魚を叩きながら念仏をお唱えしてもいいでしょう。
掃除など家事をしてもいいですね。
できるだけ昼は体を使ってくださいね。
先ずはそれからですよ。
なお、私は霊感が無いので、霊については分かりません。すいません。

不眠の原因

とと様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

10年近く不眠症を患われておられまして、最近は重度のご様子・・

病院にいくつも行かれたものの、医者もお手上げですか・・誠におつらいことでございます。

不眠の原因としては、ドーパミン、セロトニン、アドレナリン・ノルアドレナリンなど幾つかの脳神経物質のアンバランスさが考えられ、その一つの要因としては、副腎機能の低下が疑われる場合もございます。

最近よく聞かれる慢性疲労症候群というものですが、副腎の検査は受けられましたでしょうか。

あと考えられるのは、セロトニンの生成に深く関わるとされている「腸」の問題です。

腸について少し気になることがあれば、一度、腸についても詳しく調べられることも。

霊のせいかどうか・・まあ、それはないでしょう。

そのことについては、下記拙回答もご参照下さい。

問い「不浄霊」
http://hasunoha.jp/questions/17423

とにかく、必ず不眠にはその身体機能的原因があるはずです。もう少し詳しく調べて参りたいところでございます。

川口英俊 合掌


関連する問答
このページの先頭へ