皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため同時間帯の質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

死にたいです。

私は自殺願望、自傷の性格です。
自傷行為は中1の時からやり始めました。

自傷行為するきっかけは母からの言葉でした。
私はほかの兄弟とは違い、教えられたことをすぐ理解することができません。

そんな私を見て母は
「馬鹿な子だね」
「頭のおかしい子」
「人を怒らせる天才」
「疫病神」
など様々な言葉を私に浴びせてきました。

私はただ、母が言った言葉を聞くことしか出来ませんでした。

しかし、去年の夏頃に昔住んでいた隣町に引っ越してきました。

その時に祖母と同居することになりました

しかし、母と祖母は私を罵りました。
「頭の悪い子」
「馬鹿な子」
「可愛げのない子」
「鬼娘」
などの様々な言葉を今日まで言われ続けました。

その言葉に耐えられなくなった私は
ただ、リストカットするしか在りませんでした

リストカットするところわざわざみて
母は
「脅しをかけてる死にぞこない」っと言いました。

とても辛いです。
この世から消えたいです。

私は生まれてきても良かったのでしょうか?

家族親族
有り難し 45
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

明らかにモラルハラスメントによる虐待です。

jun様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

誠におつらいことでございます。

明らかにモラルハラスメントによる虐待です。

「モラルハラスメント 親子 相談」でグーグル検索すると下記のページがトップに出て参りました。

親からの過干渉、否定、罵倒、暴力につらい思いをしている人のための専門相談
おとなの親子関係相談所・モラルハラスメント(精神的虐待・暴力)
http://xn--u9j8ax16urqe5p6alpxfwb.jp/index.php?QBlog-20130123-1

モラルハラスメントの特徴は、

相手の考え方や行動を否定し、あらゆる理由を用意して支配しようとする。
相手の欠点をことさらに大きくして追及を繰り返す。
相手が自立しようとすると、中傷や罵倒などの精神的な暴力をふるい始める。
自分の言動を外部に漏らさないようにする。
相手の人格・人権を認めない。
上記のことが限度を超えて行われている。

モラルハラスメントを受け続けると、

恐怖による極度の緊張
離人感(自分が自分で無いような感じ)
強いストレスによる心身症状
判断力の低下
自己否定のくりかえし
孤立無援な感じを常に抱いている

回復には

自分がモラルハラスメントを受けているかもしれないということを疑うこと
相手の言っていることに疑問をもつこと
自分の意見を持って立ち向かうこと
「強者には従わなくてはならない」という固定観念を捨てること
依存しない環境をつくること(時間・財力・判断…etc)

・・

ただ、検索の上位にあるページということだけで、一応参考として載せさせて頂きました。

上記のサイトの方は、親子関係カウンセラーとして有料の相談・プログラムもあるようですが、ご自身だけで何とか解決されようとなされずに、最初は勇気がいるかもしれませんが、お近くの上記のような専門家を探されて、相談されるのも良いのではないかと存じます。

もちろん、jun様は生まれてこられて良かったのですよ。大丈夫です。安心して下さい。

早くモラハラから脱して、幸せな人生を歩みだしてほしいと存じます。

川口英俊 合掌

憐れみの心を持つことが自分を救う道になる

親の人間性がオカシイ場合もあります。
子供へのいじめや圧力は、三代前から始まっているものです。
現実にあなたの母も祖母も、あなたをみて愛のない言葉。
確実に祖母の前の前くらいの代から始まっているのですよ。
普通は孫に対してそこまでキツク当たるお婆ちゃんはいません。
勿論この世には普通はありませんからこそ、あなたはとてもかわいそうな境遇にあると思います。
家族や家庭の中身っていつの時代も比較ができないのです。
しかも昔むかし、はるか昔から「出家」という言葉に❝家❞という字が入っているのは、家こそがエゴ、個人ルール、独自ルール、非オフィシャル、非パブリックな場であるからこそ痛ましい出来事が沢山怒ってしまうのです。
何故そこまで彼女らが愛のない性格なのか。
おそらく、あなたのお母さんも祖母も愛を知らないのです。
夫や父親、母親がどうしようもないDV、モラハラ人間だったのでしょう。
戦争によって多くの痛ましい事が生まれました。
戦争の最大の被害者は、戦死した方々ばかりではなく、それによってバランスが崩れてしまった家族、遺族、その子孫です。
あなたの勇気ある告白は立派です。
あなたと同じようなお悩みを持った方々は、あなたの告白によって大いに勇気づけられたことでしょう。
あなたは今後も母親と祖母に罵られることがあると思います。
その時はこう考えてください。「この人たちは口を開けば毒しかない。何故ならば、この人たちは私の様な弱者をなぶることで自分のかけている所を補おうとしているだけなのだ」と思ってください。
あなたに憐れみの心が生まれます。慈悲が生まれます。
その結果、彼女らからの呪縛から解き放たれ、あなたの心の中に小さな慈愛の心が生まれます。


この問答のキーワード:(クリックすると関連問答を表示します)
お坊さんに質問する
このページの先頭へ