皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

坊さん

あほか あんたら
適当なこと言って!
人には自分もできないアドバイスして
ふだんはお布施だなんだかんだ高い金ふんだくって
自分の身が危なくなると、逃げ腰で、
神仏を出して人を脅す
人の悩みにつけ込んで神様仏様気取るんじゃねえ
正々堂々してろってんだよ!

内輪もめでもしてろ

丁寧な言葉使っても騙されないよ

そんな坊さんがいました

お坊さん
有り難し 669
回答 6
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

だから何だ

これは質問では有りません
私は、仏様は気取って無いし
神様は神社に言ってくれ
堂々とプロフィール掲げてやっている
時によっては、汚い言葉だって使う。
自分の出来ないアドバイスでも、もしかしたら、その人なら出来るかもしれない。
解決できるかもしれない知恵があるから語る。
自分は何も出来ないと、目と耳を閉じていては居ないのと同じ。
今のここにいるからこそ、勇気を出して返事を書いている。
あなたが知っているお坊さんは何人だ。
ここには100人を超えるお坊さんがいる。
ネット社会だからこそ、批判を受けるかもしれないと言う恐怖と戦いながらも一つ一つ質問に答えている。
100人分とは言わないが、10人分でも答えを読んでみなさい。

回答僧

翔玄

よっしゃ、ほな正々堂々させてもらいましょか

あえて丁寧な言葉を使わんと話させてもらうで(`・ω・´)

「自分に出来ないことを人にアドバイスして」、って言うのはな、ほんまその通りやで、僕かて自分に出来てないけどもそういうことも相手には言うこともある
せやけどそれは頭ごなしに言うことでもなければ、自分を棚に上げてるつもりで言うてるわけでもない

「僕も出来てへん、でも出来るようになった方がいいことは分かるし相手にもそうなってもらいたい、でも僕も出来てへん、せやから一緒にそう出来るようにしましょう、一緒にそう考えていきましょう」
僕が大事にしたいと思ってるのはあくまでこういうスタンス、相手が出来てないからあかんとも言わんし言う資格もない

>お布施だなんだと高い金ふんだくって
そうですなぁ、昨今はただお金を集めてるだけの人ももしかしたら居るかもしれません
せやけどもそれは「これこれが必要なので寄付をいただけますか」「これこれの為に」と目的をはっきりさせてないのがあかんのであって、目的があって必要なのであればそれはいいのではないか、と思ってるんや

あとな、お坊さんも人間やからな、病気なるしな、インフルなるしな、怪我するしな
入院だってするしな、そういうときの治療費であるとかそういう蓄えもある程度は必要なんや、そして身体が資本やからな、やっぱりある程度普通に生活出来んとあかんのや

逃げ腰になってすぐ神仏を盾に後ろから石投げるようなのは僕から見てもそれはあかんと思うからね、そう思う気持ちはよう分かるで
せやけど盾にするんやなく横に置いて喋ってる人の話は聞いたってや

内輪もめはしたくないなぁ・・・そういうの嫌いというか苦手やし、争いはやめよ、あかん、苦手、競争社会嫌や

そんな坊さんが居たならもう忘れなさいな、忘れてしもてもっと信頼できる坊さんに巡り遭いましょ

いるいる。

おっしゃる通りですね。
私もよく言われます。

そんな坊さん、いっぱいいますよ。

本当に自分を知るには
やはり人という鏡がなくてはならない

と言ったお坊さんが昔いました。

温かなお礼の言葉ばかりだと、勘違いしそうなので
たまにこんな言葉いただくと、わが身を振り返るいいきっかけになります。

聴かせてくれてありがとうございました。

お坊さんのことは嫌いになっても、このhasunohaは嫌いにならないでくださいね。

回答僧

山口秀徹

同事!を生きる。

あなたには苦の先に苦しか見えないのでしょうか。
あなたの心は真実を探してもがき苦しんでいませんか?

二つの骸骨の絵を並べて描いて、その絵にこんな言葉を書いてあります。
「喧嘩しないで暮らそうじぅあないか、末は互いにこの姿。」
生きていた時には、親子喧嘩、夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、嫁姑喧嘩、
友達、近所、など元気な時は喧嘩もしたが死んでしまえば皆同じ」
「気に要らぬ風もあろう柳かな」この言葉を思い出す。

褒めてる?

こんばんは。まぁ、匿名の立場から「正々堂々しろって…」って言ってもなぁ、と最初は思ったのですが、
最後のね、「そんな坊さんがいました」、これ、何だろう。

そこまでの全体、憤っている。で、「そんな坊さんがいました。」そんな憤っている坊さんに、あなたは出会ったの?そういう気概のある坊さんに?ということなの?

まぁ、私も「自分でもできないことをアドバイス」してること、あると思うけれど、薄っぺらい批判だなぁ。まぁ、女性らしい発想だとは感じますけど。アドバイスって、人に伝えることで自分もそれを問うているのよ?あなたが他人にアドバイスしたことあるか、分からないけど。「がんばろうよ」とかも?
人の悩みに付け込んで…気どるんじゃねぇ。 ああ、これ良く聞く話。坊さんはね、みんな人間よ。仏という字は、「人+ム」なのよ、人にあらず。キリスト様と混同しているのかなぁ。鎌倉時代からこのかた、大概の日本仏教は「自分は凡夫」をスタートにしてる。中学校でやったと思うんだけどなぁ。でも、お坊さんイコール仏様、と勘違いしている人、いるんですよね。霊能者みたいな?
でもきっと、「つけこまれた」ことがあるんでしょうね、大変でしたね、それは。
丁寧な言葉を使っても、騙されないよ…それはいいことだ。政治家の言葉とか、笑っちゃうこともあるよね。でもなぁ、騙そうと思って丁寧な言葉を使ってると思うなら、そこは間違いだね。特にここでは、気どる必要ありませんから。相手に寄り添おうと思って、ではないかな?

ということで、いくつか書いてきたけれど、私の最初の理解、「私は気概ある坊さんに会いました」というご報告なのかな?この理解、合ってる?そこは、できたら教えて欲しいです。

不敢軽慢

かぶ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自省申し上げます。

かぶ様も発心を起こされて、確かなる仏道を歩まれましたら、きっと仏さまに御成りになられることができますでしょう。

是非、これも機縁とし、より深く仏教を修習なさられていかれて下さいましたら、有り難く、尊いことでございます。

共に頑張って参りましょう。

「我深敬汝等 不敢軽慢 所以者何 汝等皆行菩薩道 当得作仏」

我深く汝等を敬う
敢えて軽慢せず
所以は何ん
汝等皆菩薩の道を行じて
当に作仏することを得べし

法華経・常不軽菩薩品第二十より

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

そんな坊さんに会いました。
これまで、人から殺されかけたり、裏切られたり、隠蔽されたり。人は信じられないと思ってました。
ある時、坊さんにであいました。私の弱さ甘さを言い、厳しい言葉をもらいました。でも、信用しました。感謝さえ感じました。
ところが、あることで具体的な提案をされました。私は、いろんな事から、それは出来ないと思いました。
坊さんは見放しました。
それだけならよかった。
同じような事が坊さんに起こりました。坊さんは私にアドバイスしたように自分も行動したが、立場が悪くなり、恐れおののき、私にまで文句を言ってきました。
知らねーよ!てめえの判断だろうが!あほか!

今言えることは、アドバイスを受け入れて行動しなくてよかった。
やっぱり人は信用してはいけないとわかったことです。

菩提寺を変えることにします。

お返事ありがとうございました。

讃岐さんに賛成した坊さん数が一番多い。
賛成した坊さんたち。がんばってください。

関連する問答
このページの先頭へ