皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

精神科に通院中です。この状況をどう解釈したらよいでしょうか?

子供の頃から現在に至るまで不運が続いていましたが、現在の職場で評価され始めて、何とか人生が軌道に乗り始めたと感じられるようになって来ました。

そんな矢先、胸を締め付けるような痛み、息苦しさ、頭にゴミが入ったような感覚、思考力低下、無価値感、焦燥感、虚無感、めまい、自殺願望に襲われるようになりました。それはそれは苦しい日々でした。

精神科に行って血液検査等を受けて、全般性不安障害と診断されました。薬を服用してから数ヶ月以上経ち、症状は大分治まってきました。しかし完治するのは難しそうで、多かれ少なかれ一生この症状と付き合っていくことになるかもしれません。

普通の人たちにとっては何てことのない日常が、苦しくて仕方がありません。この状態について、私は、自分の人生を見つめ直す好機に恵まれたと感じられることがある反面、何か前世で犯した罰を受けているような暗い気分になることもあります。

もし後者が正しいとしたら、私は死ぬまでこの苦しみを耐え忍ばなければならないのでしょうか。私は何か悪いことをしたのでしょうか。この苦しみは因果応報、自業自得で、逃れられないのでしょうか。仏教の観点からこの状況をどのように解釈したらよいかご教示いただければ幸いです。

有り難し 20
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

悟東 あすか

前世の事より「今」を見つめましょう!

突然のご病気でお辛い状況なのですね。
どうぞご無理はなさいませんように…。

病気は誰でもかかるものです。
精神の病の他にも、いろんな病気があります。
皆、表向きは健康そうに見えても、
大なり小なり何か不具合があるのではないでしょうか?

普通の人にとっては何ってことない日常…
失われた時に始めて気がつけるものであると思います。

生きて何かが出来るという事は全てが奇跡であると私は思います。

空気だって汚染が酷ければ生きては行けませんし
飲食物であっても自分一人では決してそれらは揃いません。

もっと酷い病気や、事故で四肢に障害を得てしまわれた方から見たら
もしかしたら貴方の事が羨ましく思える事もあるのかもしれません。

以前と比べるのではなく、今のご自分の出来る事を見つめてみてはいかがでしょうか?

今、出来る事を精一杯させて頂く事が何よりも大事ではないかと思います。

今の自分を勇気をもってしっかりと受けとめてはいかがでしょうか?
そして、過去と比較せず未来を憂えたりせず、
「今」をしっかりと生きる事が何よりではないかと私は思います。

「今」をしっかりと生きていると、必ず何かが変わって来ると思います。

因縁果の理

hac27様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

不運があって、心の病にもなられてしまわれて、色々と苦しんでこられたつらいお気持ち、誠にお察し申し上げます・・

「因果応報」・「自業自得」・・少し世間では悪い意味で捉えられてしまう誤解がありますが、どちらも仏教思想における重要な用語でございます。

「因果応報」につきましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いて参りました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_318931.html

問い「運気の悪い人生」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002998645.html

『・・「因果応報」ではなくて、「因縁果の理」として理解して頂くのが良いのではないかと存じております。この世における事象の結果には、必ずやその原因や条件(縁)がございます。原因や条件なしに、いきなり何かが生起していく、変化していくということはあり得ません。・・』

hac27様が今の現状へと至るためには、そのための原因や条件(縁)が必ずあったことは確かです。しかし、何が直接あるいは間接の原因・条件となったのか、無数の因縁果の流れを追うことなど、とてもできることではありません。ただ、これから、悪い結果を招かないようにするためには、ある程度はその原因や条件を探り、因縁の流れを変えることで、悪い結果を回避することはできるのではないかと存じます。その努力次第では、結果をより善くに変えていくことも可能にはなります。

問い「自分自身の価値が見出せません。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1004501330.html

しかし、どうにもならないことは、どうにもならないのも事実です。避けられない、逃げられない因縁もあり、それらによる苦しみをしっかりと捉えた上で、お釈迦様がお説きになられました「四聖諦」を理解するこのも大切なこととなります

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/四聖諦

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

ご返信が遅れまして、大変失礼いたしました。
ご指摘の通り、私は過去を振り返ってクヨクヨし、将来のことを考えて心配していた節があります。
今を見つめて、今をしっかりと生きていくことを、心に留めてまいります。
ありがとうございました。

川口英俊様
とてもわかりやすく詳細なご回答をありがとうございます。
仏教的には私はもうどうしようもないのかと思っていました。
しかしまだやれることがたくさんあることが分かったので、
今後も仏教を学び、実践してまいりたいと思います。

川口英俊様
とてもわかりやすく詳細なご回答をありがとうございます。
仏教的には私はもうどうしようもないのかと思っていました。
しかしまだやれることがたくさんあることが分かったので、
今後も仏教を学び、実践してまいりたいと思います。

関連する問答
このページの先頭へ