皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

不倫して出て行った母の老後

初めまして。Rikaと申します。
私の悩みは実母についてです。

両親は私が16歳、妹が15歳の時に離婚しました。原因は母の不倫。母は不倫をし、その上その男性との間に子供ができてしまい、私たちがその事実を知った1週間後に家を出て行きました。
その日からの生活はそれはそれは大変でした。慣れない料理、洗濯、掃除。いつの間にか、父もあまり家に帰ってこなくなり、どうやら彼女をつくったようでした。(現在の継母)あまりの生活の変化についていけず、学校も将来も何もかもどうでもよくなって、毎日死にたいと思っていたし、学校で友人の前で突然泣き出してしまったこともあります。

母はその後男性と暮らしていた様ですが、どうやら彼からDVを受けていて、シェルターにいたり彼から逃げるように暮らしていたようです。借金もつくっていたようで、自己破産し、身ごもった子供もおろしたそうです。現在では狭いアパートで一人暮らし。生活もかなりカツカツのようで、我が家も金銭面でかなり助けてあげています。

今日までいろいろなことがありましたが、父は再婚し、私は結婚して子供ができ、とても幸せです。母とはその後しばらく連絡をとっていませんでしたが、ある時から少しずつ会うようになりました。今ではお互い近くに住んでいるのもあり、一緒に買い物に行ったり、子供の面倒をみてもらったりと、なにかとお世話になっています。

そこでやっと本題なのですが、私は母を心の底では許せていません。何も事情を知らない義父がお母さんは独り身で大変なのだからと、同居を勧めてきたりしますが、私ははっきり言って母と同居する気なんて全くありません。私の中で母という存在は、もはや母親ではなく一人の女性なのです。尊敬どころか、母を反面教師にして生きています。
確かに母は現在独り身で、老後のことなど考えると、誰かが面倒をみなければなりません。おそらくこのままだと我が家が面倒をみることになるんだろうと思います。ですが、なぜ私たちが面倒をみなければならないのか。早く配偶者をみつけて、面倒をかけずにいてくれないかと思ってしまうのです。今ではなにかと子育てなど手助けしてくれて、たしかに助かってはいますが、過去のことをなかったことにはできません。どうしても母を信用しきれない私がいるのです。

実の母親をそんな風に思ってしまう私は心が狭いでしょうか?ひどい娘ですか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 19
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

もう一度出会い直す必要がある

Rikaさん

心が狭いとは思いませんし、ひどい娘とも思いませんよ。

“心の底では許せていない”
“面倒をみたくない”
“過去のことをなかったことに出来ない”
“信用しきれない”

この言葉をRikaさんに言わせているのは
他ならぬ、あなたの母親が過去にした出来事が
引き出しているのだと思います。

親を慕う気持ちや、大切にしたいという気持ちは
親から愛情をかけられるところに
自然と生まれ、育まれるものなのだと思います。

Rikaさんが16歳の頃に体験した
母親が不倫をし、子供が出来て、家を出ていった。
その後毎日死にたいと思う生活は

“心の底では許せていない”
“面倒をみたくない”
“過去のことをなかったことに出来ない”
“信用しきれない”

と言わせる出来事だったのではないかと思います。
ですので、もし母親との関係を断ち切っているならば
そこで話は終わりなのですが

Rikaさんは後日、母と連絡をとり
買い物にいったり、子供の面倒を見てもらったりと
関係性が生じている。

Rikaさんのお悩みが
“私は心が狭いでしょうか?ひどい娘ですか?”というような
自分自身はひどい人間なのかという
罪悪感であるならば、そんなことはありませんし
むしろ、やさしい方なのではないかと思います。

しかし、現実的にRikaさん自身が
将来母親の面倒を見ていくにあたって
その心の葛藤をどうしたらいいかということであれば

葛藤がなくなるのか、許せるようになるかも分かりませんが
過去に振り返って本音を語り
もう一度出会い直す必要があると思います。
ただ、これはとてつもない心の痛みが伴うかもしれません。


質問者からの有り難し - お礼

優しいお言葉ありがとうございます。
自分がいざ母親になってみると、母親を母親と思えていないことにとても罪悪感を感じていました。面倒をみるかどうかの心の葛藤については母と過ごす中で、もう少し時間をかけて母との関係を修復していこうと思います。

関連する問答
このページの先頭へ