皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

きつい言い方

世の中にはどうして、きつい言い方、強い言い方、人を傷付ける言い方をする人がいるのでしょうか?
こちらがそれ相応に悪いことをしているならまだしも。
悲しくなります。

優しさだけでは生きられないのはわかっていますが、優しさだけでみなが生きていけたらどんなにいいか。そう思ってしまいます。

強さを持とうとおもうと、自分も攻撃的になってしまったり、頑固になってしまったり。
優しさだけ持とうと思うと、なぜか気弱になってしまったり。

バランスよく生きるには、どうしたらいいですか?また、攻撃的なものの言い方(わたしに対してでなく、他の人たちに対して。見聞きするのも嫌です)をする人に対しては、どういう気持ちを持っていたらいいですか?

心構え・生きる智慧
有り難し 23
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

随心院

卓阿

言葉は方便

言い方って、ほんま、あると思います。何であんないいかたするんやろ?言いかたってあるよな〜。等々、言い方は大事です。それだけで福が来たり逃げたりします。もちろん、商売人は客が来たり逃げたり、会社員は仕事の出番があったり、なかったりと。

やさしい言い方だけで過ごしのは、気が楽でいいと思います。また、やさしい言い方だけを聞くのもそうです。しかしながら、時にやさしい言い方だけでは拉致があかんことも多々有ります。そのときは、状況打開のために必要でしょう。それと、皆がやさしい言い方だけだったら、抑やさしい言い方自体がなくなります。濃い薄い、強い弱い、綺麗汚いがあるのがこの世の中です。

只、普段から、きつい言葉、強い言い方、人を傷つける言葉を連呼する人がいます。それは、仕方ないですよ。そういう言葉遣いが当たり前と思っているのと、自己防衛もあるのでしょう。

バランスよく生きるには、言葉の使いみちを知ることだと思います。必要なときに必要な言葉遣いとその表現が出来るように、ポリシーを持ってすることでしょう。これを書きながら私自身にも言い聞かせています。

言語を使って主な社会生活を形成している人間にとって、言葉の使い方、表現の仕方はある意味、処世術、我々の世界で言えば方便と考えます。

方便を身につけてください。また、相手の方便も読みとってください。それだけで動揺することは今よりましになると思います。

やさしさだけでは生きられないけど、やさしさを忘れないで!

りり-さん、過去問もざっと読ませていただきました。
小さなやさしさに中に、身を置きたいのがりりーさん。
ただ「きつい言葉、強い言い方、人を傷つける言葉を連呼」される場に苦しんでいるのでしょうか?
広島でのオバマ大統領の所感
「私たちの初期の祖先は、道具を狩りのためだけでなく、自分たち人類に対しても使った」
道具に限らず、様々な言語も地球上に存在します。そして同じ日本語でも、話し手と聞き手の想いがすれ違い、怒り・悲しみ・憎しみの感情が起こります。感情で争う事。それが人間、それが娑婆世界。
あれだけの名演説をしたオバマ大統領でも、装甲車のようなリムジンに乗り、核のボタンを常に携行する。理想と現実の難しさを表わしてます。
皆、りりーさんと同じように、疑心暗鬼の中で生きているのです。国家元首とて同じ!
ただ誰でも、やさしさ「利他」のこころは持っています。・・・いるハズです!
バランスよく生きるには、攻撃的なものの言い方をする人に対しては、(自己防衛しながらも)ほんの少しの、やさしさを持って接して下さい。
あなたが、他に対してやさしさを忘れなければ、まわりの言動の中のやさしさも感じることが、出来るとおもいます。行動で示さなくても感情だけで構いません。
今は難しいかもしれませんが、少しづつでも気負わず、生きてみましょう。

最後に、浄土真宗は
「煩悩を断ぜずして涅槃を得」(煩悩を断ち切ることもないまま 阿弥陀仏の願いと行の力によって わたしたちが涅槃に至るべき身とさせていただく)
という、み教えです。

興味を持っていただければ幸い(^人^;)


質問者からの有り難し - お礼

お坊様

ひとつひとつの言葉が心に染みました。自己防衛のため。皆、疑心暗鬼の中に生きている・・・とても納得でき、また、安らげます。
ありがとうございます。
世の中とは、安定した場所ではなく、不安定な場所なのですよね。それで当たり前。そう思うと、自分の心に軸が生まれそうです。
そにためには、神仏に頼るような心構えもしたいとおもっております。まだまだ世の中にはわからないことがたくさんありますが、神仏に任せ、しっかり生きていきたいです。

関連する問答
このページの先頭へ