皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

ぜんのうじ

善應寺

回答 142

伊達綱宗・綱村公位牌所・蒙古の碑のある寺

臨済宗妙心寺派 宮城県 座禅ができる

宗派: 臨済宗妙心寺派

所在地: 983-0823 宮城県 仙台市宮城野区燕沢2-3-1

アクセス・地図

■宗派: 臨済宗妙心寺派

■所在地: 983-0823 宮城県 仙台市宮城野区燕沢2-3-1

■TEL:

いろんな味を味わいましょう
日々を楽しむには、「不楽」を知ることです。 幸せを知るには「不幸せ」を知ることです。 人生は留まりません。 留まりたいと願うのは人情です。しかし、その人情は、 ときとして「わたし...
意味はわたしが作るもの
最初から生まれることに意味があると わたしは思いません。 わたしが意味を作るのだと、わたしは思っています。 じぶんで作った意味だから、責任も必要だし、 だれかに肩代わりも出来ませ...
質問 : 生きるとは
死期を定めることを本当に考えてみることは、大事なことです。
死期を定めること。それによって、御自身の「いのち」と 向き合えるということであれば、それはよろしいことだと 思いますが、 いつ死ぬのかすらわからぬのが我々です。 明日、いや、このあと...
いっときのよろこびだけが、「ゴール」ではありません。
とても大事なことで、誰もが味わえるものではない、あなただけの 尊いものがあります。 それは、「悔しい」「妬ましい」「うらやましい」「情けない」「つらい」etc。。。 沢山の「こころ...
でてしまうなら、この際しっかり出しましょう
でてくるものは、出した方がいいのです。 ためても、どっかで決壊するなら、ちょいちょい流しておけば、 大洪水になってしまうよりも楽です。 泣く為に泣く。ちょっと不思議な感じがしますが...
あいさつは花
挨拶は花です。 おくってうれしいと感じるひともいるし、そうでないひとも いると思います。 でも、わたしのもっている、一輪の花を、おくりたいと、 思ったらもう、わたしの中で花は咲いてい...
苦しみを産んでいる自分を掘り下げてみる。
おつらい事と存じます。 まずはなにより、御自身のことを好きになれない、という ところが元となるのだろうと存じます。 その根底になにがあるのかを見つめねば、 どんな美辞麗句や自己啓...
よく考えるために。
「浮かばれる」 ・死者の無念さが解消されて成仏する。 ・苦労などがむくわれる。面目が立つ。 無念さが解消される、とありますが、誰が解消する ものでしょうか。 自殺であるならば、...
こころはかわる
追伸: いなくなりたい、それは、この後どのような世界に 行こうとも変わることはありません。ずっと いなくなりたいのままです。 それから一歩でも抜け出したいのならば、 「こころはかわ...
質問 : 死にたい
留まらないで
恐れ入ります。 じぶんがどこまでも正しいとは思ってはいませんが、 棚にあげるつもりはなくてもどうしても相手の行動や 姿を気にしてしまうというのは、わたし自身も反省を 踏まえながらも思...
過去のひとを救うには、いま苦しむ人を救うこと
過去のひとを救うには、いま目の前で苦しむひとを すくうことです。 あなたはこころから後悔し、反省をされた。 それは、「次は絶対に救う!!」という土台をつくったのです。 そして、過...
くくりをひろげてみましょう。
わたしは人がすきです。 女性も好きです。おくさんはおります。でも、近所のスーパーの おねえさん、歯医者さんの先生、うちにお手伝いにきてくださる 70代のおねえさんたち、まちいくきれいな...
いま目の前にあるものを好きあい生きる
恐れ入ります。 不貞のころをひきずっている時点で、進もうにも すすむことなどできるはずはありません。 あなた御自身が答えを言っていますが、いま子育てが、 仕事が目の前にあるなら、...
臨済宗のことであると伺いました。まずは、旦那様への こころからのお悔やみと、敬弔を申し上げます。 臨済宗の僧はみな「布教師」でありますので、法要後などの時に 法話をするのが法務のひとつ...
善を行うのではなく、善が伴うような行動、それが善行と心得ます
おしゃかさまは、「つねに相手をじぶんの身にひきあてて」 善きことを行い、悪きことをおこなうなと説かれています。 あいてへよかれと思ってする事、ではなく、自分の身に ひきあててみて、いま...
御退会されるとのことでありますが、 魂の救済を願われるならひとことだけ。 どんなことがあろうと守り抜くというこころにこそ 救いのひかりがあたります。 「つとめ励むものは、不死(苦...
磨く。
最終的なご判断は、あなた御自身にあるものですので、 すべきかどうかへの回答は出来ません。 はなしをきく耳をもっていない相手に 話し合いを求めてもどうにもなりません。 なにもかも相...
まずはからだに感謝の生活を。
生きる意味が今わかる人はそんなにいないのでは ないでしょうか。わたし自身もわかりません。 ただ、いまあなたが生きていることが のちに意味を成してくることはあります。 あなたがいま...
質問 : 自己嫌悪
「伝わる」ために、「考える」
おしゃかさまという方は、「対機説法」といって、相手の立場、目線 いまのこころの状態など、事細かに観察して、その方に 必要な言葉を吟味して教えをお伝えに成られた方です。 言いたいことや伝...
ただただ、呼びかけてみる。
「我」があるから「他」との壁が出来ます。 「我」がなければ、壁という概念すらもありません。 すべては「我」がなせるものです。 もともとすべては「無我」と仏教では説きます。 わたしの思...
質問 : 親との関係
このページの先頭へ