皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

あなたの悩みをお坊さんが癒し救います

お坊さんに質問できるQ&Aサービス
  • hasunoha(ハスノハ)とは
  • 問答(Q&A)
  • お坊さん一覧
  • お寺一覧
hasunoha(ハスノハ)を世に広める

新着問答

回答僧

お坊さん33秒法話

  • マインドフルネスでストレス低減

    マインドフルネスのルーツですが仏教にあることは間違いありません。

    でも、それが日本の座禅なのか、ティクナットハンのマインドフルネスなのか、あるいはテーラワーダのヴィパッサナー瞑想なのか、その辺は混ざり合いがあって、どこにマインドフルネスのルーツがあるのかは、正確にはよくわかっていません。

    個人的には、ヴィパッサナー瞑想が一番近いかなと感じてます。
    いずれにせよ、気づきを向けるという方法は、上記のさまざまな仏教に共通してます。

    マインドフルネスが生まれ、アメリカや西洋でブームとなった背景は一致してます。

    それはストレス低減です。

    当初は、クリニックでのうつ病や不安障害の改善にマインドフルネスが採用されました。
    そこで科学的なエビデンスが得られ、爆発的に広がりつつあるというのが現状です。
    日本では、全国にある女子の少年院のほとんどでマインドフルネスが採用されています。

    さて、本題ですが、マインドフルネスを独学でできるか。

    答えはイエスです。

    ただし、条件があります。

    いまうつ病などの精神疾患を患っていないかです。

    例えば、うつ病の場合、思考の反すうといって、マイナスイメージの思考が頭の中でなんども浮かび上がってしまう状況で、なおかつ独学でマインドフルネスを行うと、症状が悪化する可能性が指摘されています。(もともとクリニックでマインドフルネスが導入されたのは、医師のもとにおいてでした)

    そうでなければ、一人でも実践できます。

    ただ、良きコーチについた方が、ベターなのは事実です。

    それから行う頻度と時間ですが、毎日5分間のマインドフルネス瞑想を8週間続けた場合でも効果があると報告されています。
      有り難し
    25
    回答僧 光琳寺 井上 広法
  • 父の死を受け止められなくても親不幸ではありません

    御尊父様のお亡くなり、大変で御座いました。

    心の置き所を考えるよりも、まずは父の死を考えたくない自分は、それほどまでに父を愛してきたのだと受け止め、其の姿を決して親不孝とは思わないお父様だと感じてください。

    火葬までに心が向かずとも焦る必要はありません。ゆっくりと受け止めて行きましょう。

    今は、死を直視できない程追い詰められている自分の心を労わってあげてください。
      有り難し
    73
    回答僧 優譽
    回答僧
  • 向かい風、向きを変えれば、いつも追い風

    夢は突然叶う事もあるでしょうが、多くは一歩一歩階段をのぼっていくものです。

    休憩したり、横道にそれても、大丈夫。のぼった階段はあなたの糧になっています。

    人生の追い風がどの方向から吹くかはその時々で変わります。
    その時々であなたが向きを変えれば、常に追い風です。

    そのことを仏教では『中道』(ちゅうどう)と言います。

    真っ直ぐ前だけ見て進む必要なんて無いと、私は思いますよ。
      有り難し
    179
    回答僧 清正院 前透
    回答僧
お寺- 都道府県から探す
回答者全員がお坊さんのQ&Aサイト「hasunoha(ハスノハ)」

hasunoha(ハスノハ)は、あなた自身や家族、友人がより良い人生を歩んでいくための生きる知恵(アドバイス)をQ&Aの形でお坊さんよりいただくサービスです。
あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか?
友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。
そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。
心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ