お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

憎悪に駆られる

私は、小学校4年ごろ~中学校2年にかけて、ある男子たちから、壮絶ないじめを受けていました。

理由は、私は算数や理科は不得手だったものの、漢字の書き取りや習字、作文、絵や工作などが得意で、夏休み明けには必ず絵や工作で賞を取り、作文に至っては、区のカレンダーに掲載されたこともあります。

『それが生意気だ』と、それだけの理由で、毎日毎日、机の中に墨汁や牛乳、ゴミを入れられ、教科書は引きちぎられ、体操着は切られ、挙句は強姦寸前のところまでいきました。中学2年までは毎日が地獄で、教師たちも、親兄弟すらも味方になってくれず、何度も死を考えました。

それから20年以上経ちます。今は私も結婚して、一女をもうけ、幸せですが、時折、その私をいじめた男子たちのことが頭をよぎり、なんとか復讐してやりたいという気持ちが沸き、イライラしてどうしようもなくなる時があります。

そいつらをズタズタにしてやりたいほどの激しい憎悪と、衝動に駆られるのです。

できることなら忘れたいです。でも忘れられないのです。

弁護士に相談もしました。が、結果は結局、以前こちらで相談したときと同じ「今の貴女の生活を大切になさって下さい」と。

どうしたら復讐できますか?

どうしたらこの古傷から解放されますか?

ご回答よろしくお願い致します。

怒りを抑える
有り難し 12
回答 1

質問投稿日: 2019年2月19日 2:03

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

怒りやプライドは煩悩

仏教では、怒りやプライドなどの煩悩は、悩み苦しみの原因になると考えます。
あなたは、今現在いじめられているわけではありません。
過去は過ぎ去りもう無いのです。
目の前にないものを頭の中で想い描いて、怒りや、プライドが邪魔された感情から、結局は自分自身を苦しめているだけなのです。
仏教的には、あなたは、怒りを手放した方が楽になれます。
南無阿弥陀仏と念仏を称(とな)えて、被害者でも加害者でも、善人でも悪人でも、仏様は平等に慈しんでくださることを意識しましょう。
阿弥陀仏が放つ光明は、あなたを見捨てません。

それでも復讐したいなら、手紙でもなんでも送りつけてやれば良いでしょう。得意な作文で。
しかし、そんなことをすれば今の生活は破壊されますよ。

仏教では、無我を説きます。
「私」とか「○○君」とかいう名前・ラベルは、概念・観念にすぎません。
昔のあなたと今のあなたは別の細胞で構成されている別人です。ただ、記憶データを相続しているから同一自分だと錯覚しているだけ。
加害者も、当時の加害者の細胞はとっくに死んで、現在は存在していません。
あなたは、幻のような概念の相手に対して怒り、ストレスを感じています。
今・ここの現実を楽しむ方が良いと思いますよ。
憎しみから解放されることをあきらめるのも方法の一つです。
時々思いだしてしまう、でも忘れている時間の方が多いなら、普通に生きていけます。
たった数秒思い出してしまったとして、その感情を何時間もひきずる必要はありません。
想い出す価値もない奴らだと、頭に浮かんでも無視(スルー)するのが最大の復讐だと思っても良いでしょう。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

どうしてあなたから、そんなことを言われなければならないのでしょうか?
私は今でも充分に傷つき、苦しんでいるんです。
「手紙でもなんでも送り付けてやれば良いでしょう。得意な作文で。」
随分、私を下に見たもの言いをなさいますね。
私はあなたに御礼などは一切申し上げる気は御座いません。
以上。

「恨み・怨み・憎しみが消えない」問答一覧

「恨み・怨み・憎しみが消えない」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ