お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

働くとは

24歳男性です。
統合失調症を患っており、就労移行支援作業所に通ってます。
一般就労に向けて、週3回ほど通ってます。
最近悩んでるのは、作業所に行けば、心が落ち着くのですが、行かない日はとても虚しい気持ちになります。
暇を持て余して、何もしていない自分を見ると、罪悪感が湧きます。
お坊さんは、休みの日とか虚しくなったりしませんか?
僕は休みの日は、このままどこまでもだらしなくなって行きそうで、怖いです。
何もしない日に食べるご飯も生活も、心から楽しめないです。
仕事とは一体なぜ、このような、行けば心が晴れて、行かなければ病むのでしょう。
行っても行かなくても同じ精神状態などムリなのでしょうか。

学校・会社・働く
有り難し 16
回答 2

質問投稿日: 2019年3月21日 12:57

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

家でも働けばいいと思いますよ。
お掃除、洗濯、買い物、料理、仕事に関係する本を読んで勉強、などなど。

2ヶ月前

陽向様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「はたらく」とは、「端楽」が元々語源で、「端(周囲)を楽にすること」の意味があったようです。(※諸説あり)

ほんの少しでも自分の周りの人々を楽にしてあげれることとして、もちろん、あまり「はたらき過ぎ」もよくありません。心身ともに休むことは、メリハリ、継続していくためにも大切なこととなります。

休むことも「はたらく」うちの一つとお考え頂くことも。

川口英俊 合掌

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

そうやって考えれば毎日仕事してますね。

ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ