皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

りゅうこうじ

龍興寺

回答 221

最後の仇討ちが行われた場所

臨済宗妙心寺派 大分県 坐禅 永代供養墓 弁財天 水子供養

宗派: 臨済宗妙心寺派

所在地: 8700109 大分県 大分市徳島1-7-27

住職

林 浩道

最後の仇討ち

幕末、横井小楠襲撃事件に関連した、肥後藩士による仇討ちが行われた寺です。
日本の歴史上、最後の(公認)仇討ちではないかと言われています。

アクセス・地図

■宗派: 臨済宗妙心寺派

■所在地: 8700109 大分県 大分市徳島1-7-27

■TEL:

■HP: www.zuiunzan.com/

■Facebookページ: https://www.facebook.com/zuiunzan/

他人をとやかく言わない
どうすればよいですか、という質問ですが、それは嫌な上司を懲らしめるためにはどうすればよいか、という質問でしょうか? だとすると、聞くだけ無駄かもしれません、嫌な上司をやっつける方法なんて、...
質問 : パワハラ
まだスタ-トラインにも立っていない
やりたいこと、なりたいものがあるって、すごく素敵なことです。 目標があるからこそ、自分のやるべきことがはっきりするし、苦しいことにも耐えられる。 ではなぜ今のゆきさんは苦しいのでしょう。...
先が見えないのはみんな同じ
新しく何かを始めるのにリスクはつきもの。 けれど、リスクを恐れて何もしなければ、何も始まらない。 先が見えないのは、どんな道に進んでも同じですよ。 何にもしなくたって、一寸先は闇で...
善因善果
相手が嘘つきだろうが、身勝手な人だろうが、お母さんだろうが、死ねばみ-んな仏さん。 好きなように・・・嘘ついて・・・・人の悪口を・・・・・ と、いちいちこだわっているのは、実はあなたの方...
嫌なところが見えているのなら
自分の嫌なところが見えているのなら、あとはそれを治すように心がけて、行動すればいいだけだ。 すべては君の心次第。 ダメだダメだと自分に言い聞かせていたら、そらダメになるしかないよ。 ...
人生は長いよ
kekeさんはまだ20代ですが、社会人として立派に働き、今は主婦として家庭を守っていらっしゃる。 親としてこれほど誇らしいことは無いと思いますよ。 私も子を持つ親としてわかります。 我...
試練の時ですね
私も結婚して、はじめて子供が生まれた時に、人生の先輩から言われました。 「夫婦最初の試練やね」 生まれたばかりの赤ちゃんを育てるということは、本当に大変なお仕事です。 1人でも大変なのに、...
基本、人はみんな孤独です
林羅山の言葉です 「人といふものは、とかく私なる欲心によりて、災が出でくるぞ」 アイチケンさんの場合は「孤独」が災でしょうか。 ご自分でもわかっていらっしゃるとは思いますが、いまあなた...
魂はクラウド
日本人の死生観として、死んだらその魂は肉体を離れてゆくと考えられていました。 その魂ひとつの塊としてどこかに定着するわけではなく、しばらくは家族の周辺を漂ったあと、やがてもっと大きなものの中に...
あなたはどうしたいの?
一番大切なのは 「私はこうしたい」 じゃないの? 永劫に悔いを残すことなかれ
他人は変えられません
お兄さんにはお兄さんの生き方があります。 一方的に価値観を押しつけるのではなく、まずはお兄さんが大切にしているものを認めてあげましょう。 兄妹としてよかれと思ってお祝い事などに誘うのはと...
仏教ではこう考えます
仏教では、この世界に存在するすべての物事は「因縁」によって生じると考えます。 一切は、直接的要因(因)と間接的要因(縁)により生じるとされる。 また、「原因に縁って結果が起きる」という法...
質問 : 生きる意味
不思善・不思悪
七世紀頃の中国に弘忍(ぐにん)という禅僧がいました。 禅宗の初祖である達磨さんから5代目に法を嗣いだ人で五祖と呼ばれています。 その頃、中国では禅が花盛りで、弘忍の元にも数百人の弟子が修行を...
自分を信じて生きる
他の人が後悔しているから、あなたもきっと後悔すると? それはフタを開けるまでわからないよね。 結局、不安の心というものは、あなた自身が作り上げている妄想でしかないのです。 「妄執から憂...
忘機
「一念、機を忘ずれば太虚に玷無し」 いちねんきをぼうずればたいきょにきずなし 機を忘ずるとは、無念無心の境地でいること。 無念無心の境涯に到れば、虚空にキズをつけられないようにあなたの...
あなたの選択だけですべてが決まっているわけではない
もうすぐお釈迦様の命日なのですがご存じですか? おさとりを得てブッダと呼ばれるようになったお釈迦様は、その後40年にわたって旅を続けながら法を説いて歩きました。 しかし80歳を過ぎて死期を悟...
自分はどう生きるか、そこが仏教
ニカ-ヤ(阿含経)という経典にお釈迦様のこんな言葉があります。 「息子を持つものは、息子のことで思い悩み 牛を持つものは、牛のことで思い悩む 人は自分が執着しているもののことで思い悩む ...
対立は何も産まない
「戦場において百万人に勝ったとしても ただひとつの自分自身に勝つことのできる者こそが 最高の勝者である」 (法句経) 人はどうしても二元的なものの見方をしてしまいます。 誰か、何か...
客観的に眺めてみる
禅では坐禅という修行を行います。 その目的は「己事究明」(こじきゅうめい)。 おのれを見つめ、明らかにすることです。 痛いのを我慢することが、修行ではないんです(笑) 坐りながら呼吸...
何もしないで後悔するか、行動してして後悔するか
「祖母は寂しがるでしょうか?」 と、お聞きになっていますが、逆でしょ? 寂しいのはあなた自身の事柄ではありませんか? お祖母様はもう仏さまになりました。 辛いも寂しいもない、そのよう...
龍興寺 のお寺情報
ホームページ
www.zuiunzan.com/
このページの先頭へ