皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

私だけですか?

私の友達や知り合いの人
時にはまったく知らない方でさえも
言葉ではすごいね!とかよかったね!
と言っているけど、私の心の中ではまったく
幸せを喜べなない、嫉妬、ひがんでしまうんです。
こんなふうに思ってしまうのは私だけなのでしょうか?
友人の幸せを心から喜べるようになるにはどうしたらいいのですか?

嫉妬・蔑み
有り難し 15
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

仙如

そういうフリでもいいのです

なのさん

あなただけではありませんよ。安心してください。人の幸せを喜べないで言葉とは裏腹に嫉妬してしまうことは誰にでもあることです。心とは裏腹に言葉だけ「すごいね!よかったね!」と言うのは偽善的で嫌な気分がしますけど,逆に嫉妬を顔や態度に出してしまって良いことは何にもありません。

私もあなたと同じような悩みをもっていましたが、尊敬するお坊さんの法話でこんなことを聞きました。

「りっぱな人になることはすぐにはできない。そうなりたいと思っても心は簡単には変わらない。怒ったり嫉妬したり意地悪したくなってしまう。でもそれでも、そういう心の弱さを乗り越えていかなくてはいけない。できないなら、最初はカタチから入りなさい。怒っていない態度をとる。幸せを喜んでみる。そういうフリでもいい。お釈迦さまや悟った人だったら、どうするか考えてそのようにしてみる。最初はカタチだけでも、そうやっているうちに身についてくる。そしてだんだんほんとうにそう思えるようになる。そしてそういう人になる」

そんな内容だったと思います。それからもうすごく年月がたってますが、私はまだ「そういうフリ」のレベルです。でも、諦めないでほんとうに人の幸せを喜べる人になりたいと思っています。
なのさんも一緒に頑張りましょう。仙如


関連する問答
このページの先頭へ