皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

就活について

こんにちは。

懲りもせず、また相談に来ちゃいました。

私は今、就活の真っ只中にいるのですが、準備不足で就活が始まっているのにもかかわらず、緊張してしまって、行動に移せません。

自分の性格が完璧主義&不安になりがち、緊張しがちであるという部分もあるのですが……

自分に、これで人生がどうなるわけでもないぞ。失敗したって死ぬことはないんだぞ。大丈夫大丈夫。と語りかけたりしているのですが、自分自身の緊張の他に同級生と比較してしまう癖があって、緊張してしまって行動に移せません。

言い訳にしてしまっている部分もあるかと思うのですが……

緊張をなくす一言もしくは就活についてのアドバイスをお願いします。

学校・会社・働く
有り難し 10
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

さて、問題です

次のうちどの商品がマーケティングとして優れているでしょうか?

1.哺乳瓶
2.耕運機
3.PS4

答えは解なしです。そりゃそうです。哺乳瓶は育児をする人には必要ですが、子供のいない人には必要ありません。耕運機も農家には欠かせませんが、畑を持たない人には必要ありません。PS4も遊ぶ人は遊ぶし、遊ばない人は遊びません。哺乳瓶と耕運機とPS4、どれが優れているかなんて問う意味がありません。その問題自体がナンセンスです。そうではなく需要と供給をいかにマッチングさせるかということが大切です。

これが大学までの子供の世界と、社会に出てからの大人の世界の違いです。

子供のうちは全国統一の基準によって優劣をつけられる世界です。しかし、大人になってからは価値のマッチングが第一で、優劣はその次です。就活も一緒です。あなたとお友達とどちらが優秀か?そんな発想はもう卒業しましょう。あなたにはあなたなりの適正があり、友達には友達なりの適正がある…それが企業の求める枠にハマるかハマらないか…ただそれだけです。お受験とは違うのです。
比較して特性を分析することは社会ではとても有益なことです。でも、その違いに優劣をつけるのはただの煩悩。

ところがですね、厄介なことに相手のニーズを知る機会は、常にとても限られています。しかもそのニーズは水物であり、常に移り変わります。新卒の就活生にはハードルの高い問題です。だから数を打たねばならない。数を打って確率的にマッチングの成功率を高めねばならない。数を打つには時間がかかる。時間がかかるなら、いつ始めるか?今でしょ。

大企業の営業マンが緊張してしまって行動に移せませんなんて言いますか?挨拶回りという文字通り、とにかく片っ端から回るんですよ。それが仕事です。それを当たり前にするビジネスパーソンになりなさい。これはお受験ではなく、すでにビジネスです、営業です、既に。
緊張するのは当たり前。誰でも緊張します。そのみんな同じように緊張した中でより早く、より深く踏み込んでくる人材を企業は探しているのですよ?何を寝ぼけたこと言ってるんですか。完璧主義なんてものは行動してこその完璧主義です。ホラ、さっさと動きなさい!お礼を書く時間も惜しんで今すぐやりなさい!こんなとこ来てないでやる事やりなさい!!!


質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございました。
就活頑張ります。

すぐ不安になっちゃうので、何も考えずに頑張っていきたいです!

ありがとうございました😊

関連する問答
このページの先頭へ