皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

友人の死

先日、友人が急に亡くなりました。
元々、自分が一度愛した大切な人です。
彼と事情があり距離を置いて半年後に亡くなりました。今思うと彼のことを一部分も理解できてなく、
何もできないまま別れた自分に対して、自己嫌悪でいっぱいです。
あれから心にぽっかり穴が空いてしまいました。

彼にしてあげられること、これから生かすにはどうしたらいいのでしょうか。

後悔・自己嫌悪
有り難し 10
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

彼を活かして下さい。それが彼を生かせることになります。

私も友人を交通事故で亡くしています。
20歳でした。

あなたの友人との関係性は異なりますが、大切な友人を失くすという事は、20年以上経った今でも、ほっとさんと同じく心に穴が開いたままです。

「理解できてなく」と書かれておられますが.....
彼の事を知ろうとされていなければ、そのような想いを抱くはずもなく、少なくとも理解できていた部分は必ず存在したと私は感じます。
「大切に思っておられた」からこそ、そう感じます。
ひどく罪悪感を感じられなくてもいいのですよ。

彼もその思いを受け取られていたのではないでしょうか?
その二人の関係性でしか築けなかったものは、永久に存在します。

私は20数年間彼の供養をしています。
先ほども述べたように、心の穴が動かしているのかも知れません。

あなたが、彼にしてあげる事は供養です。
それは、どのような形でもいい。
彼の命日には、彼の自宅の方向に手を合わせるなど、今出来る事をしていただければ供養となります。
それは彼のためでもなく、自分のためでもなくただ一心に祈るのみです。

また、彼の存在から学んだことは、優しさだったり思いやりだったり、少なからずともあるでしょう。
その彼の生き方を少しでも人生に活かせていただければ、彼は生き続けます。

あなたの人生もあることですし、あまりこだわり過ぎず、ただ想っていてあげて下さい。
彼のご冥福をお祈りします。


質問者からの有り難し - お礼

コメントをいただきありがとうございます。
心が少し軽くなりました。日に日に心の穴が大きくなり、やる気が失せて来ました。
その方からいただいたことを生かし、また供養をしていきます。
ご友人を亡くされて20年経っても穴が開いた状態が続いているのですね。
人1人の存在がどれだけ大きいのか痛感します。私もそれをこれからもあるものとして、生きていきます。ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ