皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自分の誕生日

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。今日1月2日は私の誕生日です。正月三が日産まれですが自分では何故か毎年思う事があります。小さい頃までは誕生日おめでとうと言われたら嬉しかったですが、この歳になり周りからとかから誕生日おめでとうと言われても何故か嬉しくありません。だけど誕生日とかにはおめでとうとか言われたら嬉しいですよね。
お坊さん方はどう思いますか❓
まとまりない文章ですみません

その他
有り難し 29
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

天上天下唯我独尊

ひまわりさん、こんにちは。

「お誕生日おめでとう」が、なぜおめでたいのか?私はいつもお誕生日おめでとうは、お釈迦さまのお生まれになった時の言葉、「天上天下唯我独尊」を思い出します。自分はちっぽけな生命だと思っていても、本当は違う。本来は生命の誕生は奇跡的なこと、そこに生命の大切さがあり、自分自身の生命の育て方があると思います。この生命をどう使うかどうかは自分次第。他人からのおめでとうは、自分の命の役割の大切さを教えて頂いているんだと思います。

また、昨年亡くなられた、永六輔さんは、誕生日は親に感謝をする日ともよく説明されていました。自分が求めなくても親は産んでくれたから今があります。すなわちに先祖に感謝をする日でもあります。親に感謝の心を伝えたり、お墓参りもしたいですね。

お互い様、誕生日は、自分の命の大切さを考える日にしようじゃありませんか。合掌

回答僧

円通寺

邦元

私は、嬉しい(*゚▽゚*)ということはありませんが・・・

お誕生日おめでとうございます🎉

私は、「おめでとう」という言葉自体は嬉しくはありませんが、自分のことを気にかけてくれた事に感謝しています。
小さい頃は、自分が主役になれる日、プレゼントをもらえる日として、喜んでいたけれどそれも年とともになくなり、何事もなく過ぎていく事も多くあります。

おめでとうと言っていただけるということは、その数秒でもあなたのことを考えてくれているということですから、嬉しい(*゚▽゚*)とならなくても、感謝の心はあるのではないでしょうか。どうでしょう。

深く考えなくてもいいですよ。

逆に質問ですが、誕生日って「おめでとう」って言う日なのでしょうか?
特別何もしてないのにね。

世間様ではそのように言うと無難でしょうが、ひまわりさんのように気分を害される方もいらっしゃいますので、口は災いの元だと、ひしひしと感じておるところであります。

「おめでとう」周りとかから言われるとね・・・・。
内にこもってしまいます。

分かりきった事ですが、まあ作り笑顔で「ありがとう!」それでオーケー。

本来、この世に生を受けるのは、誕生日のおおよそ280日前。
そこからおかあさんに、お腹の中で大切に育てていただき、たまたま「おぎゃー」と言った日が誕生日・・・

おかあさんに、感謝すべき日なんですよ、ホントは。
このような側面から考えると「誕生日おめでとう」はなんか滑稽になってきました。

「Happy Birthday 」直訳して、、、
生まれたことは幸せな事だと自己受容して、今日をお過ごし下さい。


関連する問答
このページの先頭へ