皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

離婚

今年初めての一人ぼっちで新年を迎えました。

離婚して初めて

やはり寂しいものですね、

うつ病で離婚を言い渡され
見放された自分、

誰からも見放された自分

自分には親類も実家と言うものも無く

完全なる孤独、

なぜうつ病というだけで離婚しないといけないのか?

うつ病は離婚の原因になりえるのか?

皆自業自得と言われますが、好きでうつ病になったりはしません。

離婚にたいして。家財道具、預貯金、親権

全て持って行かれました

自分には何も残ってません。

はたしてこれから生きていても大丈夫なんですかね。

生きる意味
有り難し 14
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

本来無一物

人は1人生まれ、1人去って行く。何にも持っていないでこの世に出てきて、また何1つあの世に持って帰ることはできないのです。
達磨大師さまから数えて5祖にあたる弘忍禅師さまが後任を決めるのに、偈文にして心境を表してみよと求めたところ、菩提本(もと)樹無く明鏡も亦(また)台に非ず本来無一物 何れの処にか塵埃を惹かん
大先達の神秀上座さまは、身は菩提樹と云われ、心は明鏡台と云う偈文に対して、若手で新参者の慧能禅師さまが、いちゃもんをつけるのです。
禅で言う空の世界・無の世界にはもともと菩提も無く煩悩も無く身もなく心も無く、本来無一物である。なんで塵や埃がつくことがあろうか、ましてや払ったり拭ったりすることもない。
と云う偈を、慧能禅師さまが示されました。
この「本来無一物」、痛烈ですよね。
次期総理大臣を目指す官房長官に、あなたの政治姿勢には、かくかくしかじかの問題がある。私はこう考えると言ってのけたんです。
結局後を継ぐのは、この若手。若手に継がせた師匠も大先輩も立派だといえると思います。
あなたは、また、原点に返ってしまいまし。何故?どうして?あの時にこうしていれば、後悔しても仕方がないのです。
どうか新しい第一歩をまた踏み出してください。まだまだお若い。人生の半分手前でリセットがかかってしまいました。でもまだ道半ば、これからです。
これから、また歩み始めたらいいんです。私も何度も原点どころかマイナスに突き落とされるようなことが沢山ありましたよ。辛くて苦しくて、布団を被って三日間泣いたこともありました。
雨は降りますが、降り続けることはない。きっと晴れます。
大丈夫!必ず立ち上がれます。
また、いつでもいらっしゃい。
幸せを祈ります。1人じゃないよ!
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏


関連する問答
このページの先頭へ