皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

これは、DVですか?

旦那と喧嘩するたびに、お金を没収されたり、携帯を初期化されたり、LINEを退会させられたり、酷い時には、痣が出来る位強い力で床に押さえつけられたり、首を絞められたりします。

DVであるなら、旦那をやんわりと落ち着かせる方法はありますか?

※お金を没収は、喧嘩のたびに毎回、頻繁にされます。
※旦那は、普通に働いてますが、適応障害と診断されているみたいです。

家族親族
有り難し 59
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ご自分の考えの真偽より、ご自分の命の安全を最優先に

自分の幸せのイメージに住すると人はDVを受けていても「私はこの人といることが幸せなんだ」という妄想に憑りつかれ気が付いたら傷だらけアザだらけ身も心もボロボロで子供がいたらその子供も将来的に病んでしまいまする。
幸せイメージとは現実がそうで中れば「幻滅」されるべきものであるはずで、目を覚ますべきものなのです。そこで本当の現実に目を向けるからです。
家庭の中の独裁者を抑えられる問題解決能力がなければ、無理してその人と一緒にいない方がいい場合があります。逃げるのではなく「身の安全の為にこそ」見限る、離れることがあなた自身の女性としての自立としても良いと思います。冷たいですが決めるのはあなたです。
100人の既婚者に話を聞いてみましょう。うちの旦那・家庭は大いに問題がある、やっぱりおかしいという現実が見えてくるはずです。
適応障害であれば職場でも適応ができずに家庭で一番の弱者である自分より力の弱い方に暴圧の力が向きやすいといわれております。
「どこかで断ち切ったほうが幸せかも」という選択肢を持ってください。
断ち切ってもあなたには罪はありません。
あなたの人生をあなたの人生があなたの主人公なのです。
その人と出会ってなかった時のあなたも、その人と別れた後のあなたも、あなたが主人公なのです。そして、あなたの主人公はあなたの考え方の方ではなくて、アザができている、首絞められて苦しい、お金を奪われ人権を軽んじられているあなた自身の身体があなたの主人公です。
私ならば、今週中に荷物をまとめて安全な所に避難します。
逃げてよいのです。逃げるのが悪いと思われているのはあらゆる動物の中で人間だけであると言います。自分の生命を人権を、携帯を、お金を尊重してくれるあなたを言葉ではなく行動で愛してくれる人を探しましょう。
自分の中の幸せストーリーより、あなたが出会っている現実のストーリーが真実なのです。
この人を救ってあげられるは私しかいないなどという考えに支配されないでください。
あなたが適任者だったらその旦那はとっくに救われています。

これは完全にDVです。

全部暴力です。
お金をむしりあげるのも、力が勝ってないとできません。

なお様は「やんわり落ち着かせる方法」を質問されてますが、まだ御主人と離れないつもりでおられるのでしょうか。

暴力行為の最中に落ち着かせる方法.....
それは、DV行為が行われているのをじっと耐えるしかありません。

変に話しかけたり悲鳴を上げると、余計に逆上しますので。

女性に暴力を振るう男性は気が弱いです。
なのでしばらくすると、自分のした事が恐くなり収まります。

そして、場合によっては涙を流し謝ってくるでしょう。
あなたに対する行為にではなく、自分の保身のために。

また、「こんなことになったのも、すべておまえが悪いから」と言って、自分を正当化してきます。

「やんわり落ち着かせる」事が目的ならば、これで達成です。
しかしこれは、対処療法に過ぎません。

DVのループからは逃れられません。

御主人を根本から治すことは難しいでしょう。
このような方は、ダメだと分かっていても、勝手に手が出てしまいますので。

私は御主人から離れられたほうがいいのではと思います。

離れるかどうかは、あなたの意思でしょうが、今回は暴力が絡んでます。
身近な方に相談され、意見を取り入れられた方が有益でしょう。

ひとりで考え込まれず、周りの方から援助を受けて下さい。
また、けがをされた場合は迷わず警察に飛び込んでください。

回答僧

仙如

DVです!もう逃げるときです

なおさん

あなたが旦那さんからされていることは疑いなくDVです。身体的DV 経済的DV 社会的DV 精神的DV すべてです。

旦那さんをやんわりと落ち着かせる方法はありません。あなたはDV専門機関からの介入や支援が必要なレベルです。市町村の相談窓口、配偶者暴力相談支援センター 警察など相談を受け付けてくれるところに相談してください。

できればここでの相談を含め、パソコンでの検索履歴はご主人にはわからないように履歴を消すなどしてください。痣や暴力がわかる部屋の乱れがあれば写真にとるなど証拠を残してください(見つからないようにできれば) 逃げるときに絶対もっていきたい大切なものをまとめて、当面必要なお金は現金にしておいてください(隠しておく) いままでの経過を説明できるように整理してください。

そして近くの交番でも区役所でもいいので相談にいってください。これはDVです。首を絞められいるのではあれば、もう逃げなくてはいけません。

うまくいくように応援しています。頑張って! 仙如


関連する問答
このページの先頭へ