皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

和尚さんと話すきっかけ

初めて質問させていただきます。
私は、昨年より都内の座禅会に参加しています。
その座禅会で初回に作法などを説明してくださった和尚さんは、とても所作が綺麗であり、またお唱えするお経が美しく心に染み渡る感じがします。
特に、親切にされた訳でもないのですが、とても気になり(少し恋愛感情があるのかもしれません)、お話してみたいと思っていますが、座禅会の時はとても忙しい様子(準備やかたずけ)で、話かけることができません。また、どのように話かけたら良いのかも分かりません(自己紹介などからすればいいのでしょうか?)。
普段は、座禅会が行われているお寺ではなく、本山にいらっしゃるようです。
失礼なく、どんな方なのか知りたいと思っています。
また、お釈迦様のことなど仏道に関することを教えて欲しいと思っています。
とても幼稚な質問で申しわけないのですが、ご助言いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し 6
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

パピルス 様。

其の方のお名前はお判りでしょうか。

お判りならば、お務めのご本山にお電話為さいまして、
取り次ぎをお願いなされれば宜しいかと…

お名前が判らなければ、座禅会に参加の折に「質問が御座居ます。」と
お声がけなされれば宜しいですよ。
ご質問ならば、聞かない訳には参りませんから…ね。

ご仏縁

パピルス様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、仏教、仏道へのご興味、誠に有り難く、尊いことでございます。

そのきっかけが、参加された坐禅会でのお坊さんとの出逢いであり、少し恋愛感情もお持ちになられたとのことにて、「お坊さんとのご縁、それは、その方とのご縁だけではなく、尊い仏様とのご縁、仏法を取り巻く関係各位の皆様とのご縁、つまり法縁にも繋がり、誠に有り難いこととなります。」

以下の問いの拙回答も少しくご参照頂けましたらと存じます。

問い「仏教との出会いについて」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002945537.html

「・・恋愛というご縁により仏教と出逢い、仏教に夢中になられたのは、誠にそれも一つの善き「ご仏縁」でございました。もちろん、この度の恋愛が無事に成就し、更に仏教についても精進努力を積まれて、やがて仏道も成就なさられることとなれば尚更に善きこととなります。また、この度の恋愛が成就しなくとも、善きご仏縁を頂戴致したことに感謝を持ち、仏法を学び修しつつ、このことに報恩を持って過ごされていかれましたら、また善き恋愛のご縁も戴けるのではないかとも存じます。・・」

この度は、少しずつでも話しかけることができるように機会を伺ってみられて、例えば、坐禅会で、坐禅に関する質問から、仏教に関する基本的なこと(禅宗とはどういう教えですか、あの仏像は何の仏様でしょうか、あの軸は何と書いているのですか、などから)を聞いてみたり、茶話会など休憩の時など声掛けしやすいタイミングもあるかと存じます。また、仲間の別のお坊さんにでも、その方の名前や役回りなどを何気なしに聞いてみられても良いのではないかと存じます。

ただ、気を付けなければならないのは、そのお坊さんが本山にて修行中の身であられるならば、あまりに好意を抱いてることをアピールされても大変に困られるということもございます。とにかく、まずは親しくお話ができるようになられるという程度ぐらいで、あとは状況を鑑みられて、色々とご判断されていかれると良いのではないかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


関連する問答
お坊さんに質問する
このページの先頭へ