皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

いわたきさん おうじょういんろくまんじ

岩瀧山 往生院六萬寺

回答 1019

楠木正行公ゆかりのお寺

単立・臨済宗 大阪府 楠木正行 聖武天皇 行基 日想観 民具供養館

宗派: 単立・臨済宗

所在地: 579-8061 大阪府 東大阪市六万寺町1-22-36

Bahbb1shogzmssiumjaxni8wni8yny8wos8zmi81ms84mjeva2f3ywd1y2hpaglkzs5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkiczywedywiwy7blq

岩瀧山往生院六萬寺・副住職

川口 英俊

お寺の歴史・方針について

Bahbblshogzmssilmjaxnc8wni8wos8xms8woc8zms8znjevmje2ny5qcgcgogzfva
当寺は、その昔、浄土信仰の寺院・念仏道場として栄えた時期もございましたが、何度も荒廃を繰り返す中、戦後における復興において、臨済宗の単立寺院となりました。

往生院六萬寺の歴史
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7810399.html

お寺の方針について
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7820161.html

・・

当寺は、現在、臨済宗を基本的に奉じてはいるものの、お釈迦様(釈尊)の教え(善巧方便)の全般を学び修することによっての確かなる衆生済度の実践へと向けて、特定の宗旨宗派にとらわれることなく、仏法・仏典の全般を扱うことを旨として、初期(テーラワーダ)仏教から大乗仏教、 並びにチベット仏教に至るまで、お釈迦様(釈尊)の教えの全てを総合的に、包括的に学び修することを目指しています。

(法人登記目的の項より抜粋・・「相應部増支部等の経典及び諸大乗経を所依として正法を宣布し儀式行事を行い、信者を教化育成し、その他、正法興隆、衆生済度の聖業に精進するこの寺院の目的を達成するための財務その他の業務を行うことを目的とする。」)

・・

これからも皆様との有り難く、尊いご縁をつむがせて頂きながら、ご仏縁、ご法縁を大切に、確かなる正法興隆、衆生済度の実践へと向けて、しっかりと菩提心を滋養致して、智慧(空性の了解)と福徳(慈悲・利他行・方便の実践)の二資糧を積むことに研鑽して参りたいと存じております。どうかこれからも、ご理解とご協力の程を何卒にも宜しくお願い申し上げます。

・・

hasunohaへの参画は、法人の目的における「正法興隆、衆生済度の聖業」の一環に適うものとして、誠に浅学菲才の未熟者ではございますが、できる限り精進努力致して参りたいと存じております。

副住職 川口英俊 合掌

各ご供養について

Bahbblshogzmssilmjaxnc8wni8woc8xns80os8yms83otcvmjuymc5qcgcgogzfva

日想観について

Bahbblshogzmssipmjaxnc8wni8woc8xns81my8woc82mjgvb3vqew91aw4uanbnbjogrvq
夕日の彼方に観た浄土・・

三善為康が著した「拾遺往生伝」によれば、平安時代中期に荒廃した六萬寺の後に念仏聖である安助上人により往生院が創建されました。この地は、「四天王寺の西門から真東にあり、極楽浄土の東門に当院が当たる」ということから、極楽往生を念ずるにふさわしい場所であると考えられていました。

さらに夕日を見て、極楽往生を願う、「日想観」(じっそうかん)を修する場所として、多くの僧侶・信者がこの地を訪れて栄え、念仏が絶えることがなかったと伝わります。

往生院から見る春秋彼岸の中日の太陽は、真西にある四天王寺へとまっすぐに向かって落ちてゆきます。この夕日を見るとなんともいえない安らかな気持ちになるのは、今も、昔の人も変わらないことでしょう・・

南無阿彌陀佛 南無阿彌陀佛 南無阿彌陀佛 合掌

アクセス・地図

■宗派: 単立・臨済宗

■所在地: 579-8061 大阪府 東大阪市六万寺町1-22-36

■TEL:

■アクセス: 近鉄奈良線 瓢箪山駅 徒歩35分(タクシーがお薦め15分)

■HP: http://oujyouin.com/

■Facebookページ: https://www.facebook.com/oujyouin

どうして、から、どうすれば、へ
りりー様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 過去の失敗に少し萎縮されてしまわれているようですね・・ 当たり前のことですが、人間誰にでも失敗は付き物です。...
質問 : 生き方
過去について
yuka様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 厳密には、過去は実体としてはあり得ません。 既に過ぎ去ったものであるとして、それは理解できるのではないかと...
死ぬ自分とはいったい何か
愛梨様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 どうでしょう。それほどに「死」について考えられておられるのでしたら、もう一歩前へと進んで、仏教を学びながら、「自分と...
モノ・コトのありようについて
はる様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 とにかく、全てのモノ・コトというものは、他に依存して成り立つことができております。このことを仏教では、「縁って起こっ...
質問 : 自己嫌悪
大切なのは二人の想い合い
ひな様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 二人の問題に対して、彼の両親が介入し過ぎですよね・・ 彼も親離れができていないことも問題ですが・・しかも、親に...
質問 : 限界です
一野球経験者としまして
2人のママ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 あまりうまくはありませんでしたが、中学・高校と野球部でした。 中学が軟式、高校が硬式でした。 正直...
まだお若い。諦めるのは早過ぎます。
まよすた様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 まだお若い。人生これからです。諦めるのは早過ぎます。 まず、癇癪や鬱病は心の病の分類となりますが、身体と心...
質問 : 消えたい
無始無終の輪廻を打ち破る時が来たのです。
りんご☆様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 私たちは、この無始無終の輪廻において、無明の闇路を長い間にわたり、漂い続けて参りました。 その疑問に気づか...
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
あや様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 知りたい不安、知ってしまう怖さ・・ 知ったら知ったらでの不安や嫉妬、後悔、自己嫌悪・・ いずれにしても、...
あまり無理せずに
あず様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 人の辛さが、自分のことのようにわかるから・・ほっとけないんですよね・・ まさに、仏様の慈悲の御心。ホトケはホッ...
質問 : 死にたい
端楽で自分も幸せに
もみじ。様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 自分の弱点というか、問題点というか、今まで気づかなかったことに気づけて良かったのではないかと存じます。 充...
質問 : 世間体
人生のパートナー
ねね様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 色々とおつらい経験を多くなされてこられましたご様子・・ なかなかそのトラウマから抜けれないこともあるかもしれま...
ユウ様 この度は、小さな息子様とのお別れ、誠におつらいことでございました。拙生にも流産の子の経験がございます故に、ご心痛の程、いかばかりであろうかと少しなりにもお察し申し上げます・・ ...
時には軌道修正していく勇気も
みみ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 hasunohaをご愛読頂いておりまして、誠にありがとうございます。 学生の間は、本当に限られた空間、環境の中...
日大藝術学部
ライ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 そんなライさんにオススメの大学があります。 日大藝術学部 http://www.art.nihon-u.ac...
質問 : 将来の夢
もっと大きな外の世界へ
ひよこ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 若いときは、どうしても視野狭窄となり、小さな世界、小さな人間関係に囚われてしまって、それが世界の全てであるかのよう...
体調不良→心の不安の場合
りも様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 少し気になりましたのは、ご主人様のことになりますが、精神不安→体調不良ではなく、徐々にでも体調不良→精神不安であるの...
中道の練習へ向けて
らっこ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「中道」というのは、偏見、断見や常見などの極端な誤ったモノの見方、考え方を排した状態のことを申しますが、そのために...
過去について
YU様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 過去に戻られたいというお気持ち、誠に拙生も同様に思うことがあります・・あのときにこうしておければ良かったかも・・あれ...
「二諦」について
たにし様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 誠にモノ・コトの本質的なことにつきましてのご質問であるのではないかと存じます。 まず、自我も善悪も、実体とし...
岩瀧山 往生院六萬寺 のお寺情報
ホームページ
このページの先頭へ